季語/毛虫(けむし)を使った俳句

「毛虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「毛虫」について

【表記】毛虫

【読み方】けむし

【ローマ字読み】kemushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・毛虫焼く(けむしやく:kemushiyaku)

・毛虫這う(けむしはう:kemushihau)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

毛虫を含む俳句例

啓蟄の蜥蜴毛虫に木影かな

短夜や焼酎瓶の青毛虫/北原白秋

毛虫焼く垂れし炎を砦とし/原裕

毛虫多き桃の畠や外厠/山田三子

毛虫嫌ひ陰忘れけり花盛/調翁子

短か夜や毛虫の上に露の玉/蕪村

毛虫焼く炎の水音に応へあり/原裕

薄々と繭を営む毛虫かな/高浜虚子

巾広の毛虫薄の葉に余り/高澤良一

毛虫焼己はげます声大き/斎藤道子

青光る毛虫仏間の昼畳/柴田白葉女

一畝の苗田直枝に直毛虫/香西照雄

悪評は覚悟の毛虫金色に/白岩三郎

毛虫焼き蒼天戻る枝の先/北村典子

みじか夜や毛虫の上に露の玉/蕪村

桑畑に喰ひつぶしの毛虫かな/五律

極彩の故に極悪大毛虫/百合山羽公

横断の毛虫見送る三輪車/土井朝子

天平の大堂伽藍毛虫這ふ/山下佳子

毛蟲焼く炎の色は蝶のいろ/栗島弘

俳句例:21句目~

毛虫行く一言主の神の前/石野冬青

毛虫落てまゝ事破る木陰かな/言水

葉桜や毛虫太らす街あかり/篠田悦子

毛虫焼く妻の次第に大胆に/水島三造

朝風に毛を吹かれ居る毛むし哉/蕪村

花はよも毛虫にならじ家桜/服部嵐雪

良寛墓所毛虫も托鉢姿して/高澤良一

自が糸に縋りて桜毛虫かな/石塚友二

松毛虫上りつめたる梅雨茜/内藤吐天

老毛虫の銀毛高くそよぎけり/原石鼎

毛虫来る旧知のごとく顔上げて/林翔

ぼろぼろの炎かなしみ毛虫焼く/原裕

山道に毛虫の落ちて忙しき/高澤良一

枝移る毛虫の列や朝ぐもり/石田波郷

柾垣毛虫に先を越されたる/高澤良一

毛虫垂る糸の辺りを横払ひ/高澤良一

毛虫増ゆわが寺創建二十年/牧野春駒

毛虫焼童来たりて逃すなり/内山亜川

格子縞羽織り毛虫の三太夫/高澤良一

千本の毛みな生きて毛虫かな/高田保

俳句例:41句目~

山茶花に毛虫一騒動ありぬ/高澤良一

青栗の稚なさ毛虫丸まりて/香西照雄

梅雨毛虫掃討作戦開始せり/高澤良一

毛虫焼く焔の見えぬ竿の先/辻本斐山

毛虫焼く焔の中に雨降れり/平野吉美

押売と遠き応待毛虫焼く/米沢吾亦紅

雲水の一喝を吐き毛虫焼く/森永杉洞

父の忌や繭で冬越す毛虫族/津田清子

毛蟲這ふごとき寡き銭渡す/石川桂郎

夜明はや僧の殺生毛虫焼く/藤原如水

橋袂毛蟲も焼けば濯ぎもし/田中裕明

教へ子汚職今毛虫めく猫柳/香西照雄

教会の桜の毛虫焼かれけり/前田普羅

黒毛虫妻譏ること譏ること/高澤良一

嫌はれて徹頭徹尾毛虫たり/落合水尾

毛虫焼くとき美しき男の唇/渋川京子

毛蟲寧し泰山木の鏡葉に/下村ひろし

小肥りの毛虫良寛墓石馳す/高澤良一

毛虫這ふごとき寡き銭渡す/石川桂郎

連休の中日の毛虫退治かな/高澤良一

俳句例:61句目~

毛虫焼く梯子の上の五十歳/西東三鬼

高空にゐて毛虫焼く修道女/桜井博道

青毛虫撓みさだまり悪徳中/松山足羽

押売りと遠き応対毛虫焼く/米澤吾亦紅

日がな雨静かに毛虫太りゐる/北元多加

朝の土急いでわたる毛虫かな/鈴木花蓑

朝曇楽土さがしに毛虫行く/百合山羽公

松落ちて這へる毛虫や花御堂/河野静雲

柿の木の毛虫が落ちて大江山/斉藤夏風

栗の木に毛虫わき女みごもれり/龍岡晋

栗飯や末子が継ぎし毛虫眉/小島千架子

桑の実の毛虫に似たる恨み哉/正岡子規

毛虫つく頃の柾と見てとほる/高澤良一

毛虫やく人撮影の外にあり/吉岡禅寺洞

毛虫地に降りて皆這ふ嵐かな/鈴木花蓑

毛虫居るだけで全てを物語る/高澤良一

そぼぬれて毛虫這出す日向哉/寺田寅彦

毛蟲焼く僧の貧乏ゆすりかな/長谷川双

毛虫焼く人の見ゆるや庭の奥/前田普羅

毛虫焼く十王像を見たる後/佐野/一恵

俳句例:81句目~

つる草の茎に逆立ち毛虫かな/香下純公

毛虫焼く女神を斎く島に住み/八染藍子

毛虫焼く小使を子等遠まきに/藤田静水

毛虫焼く昨日のことに腹立てて/石嶌岳

ひた急ぐ毛虫の背ナの山津浪/高澤良一

毛虫焼く白き額の夫子かな/大橋櫻坡子

むくむくと大善坊の毛虫かな/高澤良一

毛虫落つそこに始まる物語/小泉八重子

毛虫這ふ五分の魂引きずりて/安斉君子

ネロの兄お七の妹毛虫焼く/加藤三七子

毛虫這背中をかしや郭タク駝/高井几董

毛蟲焼く萬緑曇りそめにけり/西島麥南

法然が気ばむでをりし青毛蟲/筑紫磐井

人間派転じて樹木派毛虫焼く/石田波郷

満腹や毛虫の下見でもせんか/高澤良一

火を放ちたきほど毛虫犇めける/宮閑子

白昼や地獄のごとく毛蟲焼く/小林康治

公約と云ふを信ぜず毛虫焼く/松田義朗

台風が毛虫を家に投込みぬ/相生垣瓜人

結界の毛虫や僧に焼かれけり/竹田于世

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ