季語/烏賊釣(いかつり)を使った俳句

「烏賊釣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「烏賊釣」について

【表記】烏賊釣

【読み方】いかつり

【ローマ字読み】ikatsuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・烏賊釣火(いかつりび:ikatsuribi)

・烏賊釣舟(いかつりぶね:ikatsuribune)

季節による分類

・「い」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

烏賊釣を含む俳句例

七月の行方烏賊釣火は沖へ/原裕

岩鼻や寒烏賊釣の置篝/吉田冬葉

烏賊釣火束ねて大き月懸る/渡辺恭子

海上に現じ不夜城烏賊釣火/鷹羽狩行

埋墓の中の新墓烏賊火燃ゆ/猿橋統流子

烏賊釣火遠く涼しく日本海/山崎千枝子

烏賊釣りの漁火鬼の目ん玉大/高澤良一

烏賊釣りの火が真鶴の灯につづく/篠原

海峡に靄かけて咲く烏賊火かな/和泉伸好

麦熟れば沖に麦烏賊釣るるなり/田中冬二

烏賊釣の修羅場の灯かも沖染めつ/有働亨

死ぬときは烏賊釣舟の灯を思う/大西泰世

烏賊釣りの群はなれゐし火が消えし/篠原

又一つ増えて烏賊火の繋がりし/中村青峯

烏賊釣火熊野水軍かも知れぬ/鈴木久仁江

烏賊釣火父の日煌と在りにけり/渡辺恭子

玲瓏と烏賊火の風をふところに/古舘曹人

赤々と烏賊火は遠し寝るときも/桂樟蹊子

風出でて列歪みたり烏賊釣火/金箱戈止夫

月落ちし海に残れる烏賊火かな/稲荷島人

俳句例:21句目~

伊豆の海花烏賊釣りの灯をこぼす/小林吐秋

十あまり数へて烏賊火増えもせず/西村和子

大雷雨烏賊火またたくこともなし/鈴木貞雄

烏賊釣火きのふと違ふところにも/塗師康廣

浴場の玻璃をぬぐへば烏賊釣る火/横山白虹

烏賊火見てまつくらがりの峠越ゆ/今井妙子

東風出しや烏賊釣りの火の皆またたく/篠原

烏賊釣船百の裸灯のきんきらきん/高澤良一

烏賊火燃ゆ対馬に古き月ひとつ/岡部六弥太

佐渡おけさ踊るうしろの烏賊釣火/影島智子

補陀落の海のありどに烏賊火燃ゆ/茂里正治

烏賊火泣く沖にわが墓ありぬべし/杉野一博

細月の烏賊火染まりに落つところ/皆吉爽雨

しまきして烏賊釣る篝きえにけり/寺野守水老

つれづれ慰まんには烏賊火淋しけれ/西村和子

和歌の浦漕ぎいでしより烏賊釣るゝ/萩原麦草

夜攻めとも見えて烏賊火が沖焦がす/大畑善昭

烏賊釣火点れり伊豆のクリスマス/今井杏太郎

烏賊釣の灯のつぶやきに向ひゐる/米沢吾亦紅

部屋の灯を消して烏賊火へつづく闇/千原叡子

俳句例:41句目~

烏賊釣のわが灯ひとつにつゞく闇/米澤吾亦紅

壱岐は早や烏賊火ほつほつ卯浪たつ/小原菁々子

我は烏賊釣る鼠子のごと軽率しく悲しき烏賊を夜もすがら釣る/北原白秋

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ