季語/罌粟の花(けしのはな)を使った俳句

「罌粟の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「罌粟の花」について

【表記】罌粟の花

【読み方】けしのはな

【ローマ字読み】keshinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・芥子の花(けしのはな:keshinohana_)

・花罌粟(はなげし:hanageshi)

・薊罌粟(あざみけし:azamikeshi)

季節による分類

・「け」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

罌粟の花を含む俳句例

芥子散や脱の衣の一かさね/也有

寂しすぎて芥子が狂ふ/吉原文音

我心或時軽し罌粟の花/高浜虚子

白罌粟や片山里の朦の中/炭太祇

霾風に雨落ちて来ぬ罌粟畑/善雄

先づ一花狂ひし風や罌粟畑/林翔

六月や大農園の罌粟畑/松藤夏山

我心或時軽し芥子の花/高浜虚子

未熟児の頭重たし罌粟の花/仁平勝

僧になる子の美しや芥子の花/一茶

一滴の水も貴し芥子の雨/鈴木花蓑

船乗りの一浜留守ぞ罌粟の花/去来

陶片は土に還らず罌粟赤し/久保武

白芥子や莟の中の花一つ/小澤碧童

籠居や芥子きかせて心太/水原春郎

衰へて罌粟の紅騒しく/深川正一郎

山茶花や椿は堅し罌粟は淡し/祇徳

白芥子に羽もぐ蝶の形見哉/松尾芭蕉

城内は薬草園や罌粟若葉/今井千鶴子

罌粟畠花散る跡の須弥幾つ/榎本其角

俳句例:21句目~

罌粟咲いて吐息溜りの海の端/岡本眸

風に佇ち男が愛す罌粟の花/都筑智子

池の舟風に動くや芥子の花/野村喜舟

阿片の花白曼陀羅の罌粟畑/橋本夢道

尼寺や月澱みいる罌粟のなか/仁平勝

堀を左藁家を囲む芥子赤し/会津八一

燈台の白亜花芥子に彩られ/石原八束

日輪をこぼるゝ蜂の芥子にあり/篠原

葵より芥子より赤き金かな/野村喜舟

芥子赤く柑橘畑に咲入れる/京極杞陽

手すさびの扇も芥子に嵐哉/横井也有

中年の眉細く描く芥子の花/西谷剛周

芥子蒔くや風に乾きし洗髪/杉田久女

蘇る為の管吸ひ罌粟のゆめ/高澤良一

幸は短し芥子の花期も亦/田川飛旅子

一枚の風が火となる罌粟畑/中嶋秀子

山静か廃墟に芥子の花二つ/今泉貞鳳

芥子も一重衣も単風渡る/松本たかし

罌粟の盛り午睡の王子紅潮す/仁平勝

罌粟の花十七歳を翻弄す/加藤志偈夫

俳句例:41句目~

罌粟咲けり街堀廃れゆく昼を/有働亨

車窓うつ雨の青さや罌粟畑/桂樟蹊子

連衆揃い断種始まる罌粟の家/仁平勝

白芥子や時雨の花の咲きつらん/芭蕉

ぬけ道や垣結ひ切つて芥子の花/左次

しら芥子に焚火移ふや嵯峨の町/暁台

罌粟ひらく少年の黙父の黙/川見至世

白芥子に麦の朝風強すぎぬ/高田蝶衣

火傷して繚乱と挿す冬の芥子/野澤節子

海女潜き俄かに寒し芥子の花/巌谷小波

海士の顔まづ見らるるや芥子の花/芭蕉

おのづから罌粟紅白に蔬菜園/飯田蛇笏

森に日のかかれる芥子の花畑/京極杞陽

月の出や昔のままに芥子の花/岩田由美

明るさや月ある空の芥子の雨/鈴木花蓑

撥炭や小芥子おばこは子の胸に/齋藤玄

罌粟挿せる卓に拳銃を分解す/宮武寒々

雨の中淡きみどりや罌粟若葉/川口咲子

息つめて風のありかを芥子の花/佐竹泰

二階より風を透して罌粟を見る/岸田稚

俳句例:61句目~

罌粟畑母の虜になりにゆく/鳥居美智子

人形の影触れてゐる罌粟の花/上野澄江

仮墓の石あつくなる罌粟の花/渡辺夏紀

対岸に匪と住ひゐて芥子培る/原田青児

初夏の霧薬草園の罌粟に飛ぶ/高濱年尾

印度には罌粟の花咲き牛は神/京極杞陽

宵の間や芥子の蕾に入る月夜/浜田酒堂

罌粟紅しセツトの寝室灰いろに/瀧春一

罌粟蒔かむ恋物語読み終へて/山根真矢

風誘ひては厭ひては芥子の花/鈴木貞雄

画の罌粟と白日の罌粟神通ふ/福田蓼汀

芥子漬に塩漬に茄子生るは~/高浜虚子

芥子散るや音なくすすむ物思ひ/岡本眸

白牛を見に行く家や罌粟の花/井上井月

白罌粟に煤はく家や加茂の里/高井几董

吹き過ぐる畑の風に芥子綺麗/京極杞陽

花ちりぢりに有明の罌粟坊子/松村蒼石

芥子園画伝の樹々も緑噴く/文挟夫佐恵

芥子咲けば碧き空さへ病みぬべし/篠原

芥子咲くや蚤のひろ程昼の夢/浜田酒堂

俳句例:81句目~

白罌粟や形見の蝶ぼろぼろの桑/仁平勝

色罌粟の巧みに見ゆる莟かな/松岡青蘿

そよぐ髪吾子も少女や芥子の花/稲岡長

夜の芥子に莨の煙吹きかくる/西村和子

芥子咲くや氷河をのぼる朝の雲/有働亨

芥子咲いて日輪熱き河の面/柴田白葉女

土用波きこえてくらき芥子畠/石原舟月

芥子の花昼が沈んでゆくやうな/栗島弘

芥子の種蒔く山中の薬舗かな/富永眉月

花芥子や握りつめたるあたたまり/木導

夕罌粟の火刑をみつめ少年工/齋藤愼爾

罌粟蒔きし砂月光にかわくなり/飴山實

花罌粟や千葉梶原が屋敷やぶ/中村史邦

花罌粟にくむで落たる雀かな/加舎白雄

罌粟の花地獄思へば風晴れて/原コウ子

風紋や音してひらく灘の芥子/石原八束

花芥子や家族のみ知る隠し鍵/山田弘子

芥子赤し金をもていのち購ふか/瀧春一

白芥子の美人かくるゝ草の庵/松岡青蘿

白芥子の妬心まひるの陽にこゞる/篠原

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ