季語/凩(こがらし)を使った俳句

「凩」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「凩」について

【表記】凩

【読み方】こがらし

【ローマ字読み】kogarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・木枯(こがらし:kogarashi_)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

凩を含む俳句例

木枯や紫摧け紅敗れ/子規

凩や宮の鼓の片颪/椎本才麿

凩も袋にひとつ葉抹香/昌夏

神将に天魔の吐息凩す/林翔

凩も亦風神の司る/伊藤柏翠

寝た下を凩づうん~哉/一茶

凩や南大門昔顛倒/野村喜舟

凩の吹きかはりゐる外廁/原裕

凩に富嶽百景抛りだす/松澤昭

凩に何やら一羽寒げなり/杉風

凩に狸の鼻の乾き鳧/内田百間

物は何凩の笠雪の簑/正岡子規

凩や馬を犒ふ小百姓/石井露月

凩や我が掌のうらおもて/重信

凩に菅笠たつる旅寝かな/越人

三椏と知る凩の熄みし枝/耕二

凩のはては有けり海の音/言水

凩や昼は淋しき廓道/正岡子規

凩に杖を進むる捨聖/高澤良一

凩や海に夕日を吹き落す/漱石

俳句例:21句目~

凩や天狗が築く一夜塔/泉鏡花

凩の果の夕空血が滲む/登四郎

凩の空見なほすや鶴の声/去来

年々や凩吹て尖る山/夏目漱石

凩や常灯明のしんかんと/一茶

凩を杖に突きけり老の坂/智月

凩や馬現はれて海の上/松澤昭

凩やこぼれて昼の牛の声/園女

凩や覗いて迯ぐる淵の色/蕪村

凩や勢田の小橋の塵も渦/其角

凩の夜天の端や輜重行/齋藤玄

凩や土橋の元の立佛/寺田寅彦

木枯の町一筋や妙義裾/上村占

木枯や刈田の畔の鉄気水/惟然

木枯や市に業の琴をきく/白雄

木枯や後の山も遠からず/社燕

木枯や母の紅衣が嬰包み/林翔

木枯や灯心売のうしろ影/暁台

凩や坂町で買ふ障子紙/原月舟

木枯や駆込寺の竹箒/有馬朗人

俳句例:41句目~

木枯よ削り過すな山の形/麦水

凩や里の子遊ぶ九品仏/野村喜舟

木枯に水藍青の田二枚/相馬遷子

枝飛ぶや八幡様の凩に/岸本尚毅

凩の地にも落さぬ時雨かな/去来

木枯に夕日うかべる信濃口/龍太

凩に二日の月のふきちるか/荷兮

藁塚の列凩太郎崩しけり/小椋隆

凩のしきりにつのる入日哉/志慶

凩や遠き帆船の国の声/対馬康子

凩を来て末席におし黙る/吉本昴

凩に大提灯の静かさよ/正岡子規

凩に早鐘つくや増上寺/夏目漱石

木枯しや母の紅衣が嬰包み/林翔

凩や往来をひた走る鶏/内田百間

凩のひつかかりゐる峠の木/原裕

凩や鉋屑舞ふ普請小屋/寺田寅彦

凩の峰は剣の如くなり/夏目漱石

竹藪の外に川あり凩す/内田百間

凩の明家を猫のより処/正岡子規

俳句例:61句目~

凩の時間を炒め厨人/田川飛旅子

凩の果てはありけり海の音/言水

木枯の急流夜の無人坂/清水径子

木枯の夜間働く温水器/高澤良一

凩や漁翁が鯉の美しき/野村喜舟

凩や焦土の金庫吹き鳴らす/楸邨

凩の残すものなく千枚田/小川浩

凩の浄林の釜恙なきや/子規句集

凩の海道山の中辿る/百合山羽公

凩の煙突に鳴る夜半哉/寺田寅彦

凩に物貯へむ土掘りつ/石井露月

凩の鐘楼危ふし巌の角/夏目漱石

凩や芭蕉の緑吹き尽す/正岡子規

凩は賽の磧の石飛ばす/福田蓼汀

凩は高野聖を掴みけり/野村喜舟

凩の一夜に山の色奪ふ/宇川紫鳥

凩に練で御はす仁王哉/夏目漱石

木枯に負けぬは松の力かな/湖柳

凩や女按摩と詩の話/田川飛旅子

凩やつぶての如く夕雀/福田蓼汀

俳句例:81句目~

凩やまた空耳の母を前/石川桂郎

凩や雲裏の雲夕焼くる/臼田亞浪

凩空見なをすや鶴の声/向井去来

凩や築地の内の藪の音/野村喜舟

凩や練兵場の砂けむり/寺田寅彦

初木枯酒舟石を響すか/秋山素子

凩を父流水を母の声/千代田葛彦

凩や手して塗りたる窓の泥/鬼城

凩に詠唱さるる夜の娼家/松澤昭

凩や厨の棚に柚子一つ/松村蒼石

凩や厩の窓に月のさす/吉田冬葉

凩がうばふひとりの夜の影/八束

木枯の橋を渡れば他国かな/一雄

凩の一日吹いて居りにけり/涼菟

木枯の絶間薪割る音起る/多佳子

凩の上に物なき月夜哉/夏目漱石

木枯や千金丹の看板に/田中冬二

木枯や大津脚袢の店ざらし/太祇

木枯や子らゐぬ村の冬砧/中勘助

木枯や山脈北へ走るのみ/石嶌岳

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ