季語/初時雨(はつしぐれ)を使った俳句

「初時雨」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「初時雨」について

【表記】初時雨

【読み方】はつしぐれ

【ローマ字読み】hatsushigure

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

初時雨を含む俳句例

野風吹く室町かしら初時雨/几菫

新藁の屋根の雫や初しぐれ/許六

古郷に高い杉あり初しぐれ/荊口

初時雨提をもやして遊けり/一茶

ぼた餅の来べき空也初時雨/一茶

初しぐれ誰が雨男雨女/石川桂郎

宵々の砧もうとし初しぐれ/我則

黒門やかざり手桶の初時雨/一茶

婿入の宵月ほそし初しぐれ/鉄僧

初時雨姫街道の石紅し/有馬朗人

再会は駅の北口初時雨/岡部名保子

色花はもう倦きにけり初時雨/照敏

その中に唯の雲あり初時雨/千代尼

遺言の末尾に花押初時雨/塚本邦雄

分校の廃校となる初時雨/河村昌子

放人と我が名呼ばれん初時雨/芭蕉

義仲寺へいそぎ侯はつしぐれ/一茶

今日ばかり人も年寄れ初時雨/芭蕉

初時雨真昼の道をぬらしけり/大魯

初時雨猿も小蓑を欲しげなり/芭蕉

俳句例:21句目~

初時雨白鳳仏のひざの金/沢木欣一

番傘の油の匂ふ初しぐれ/内田白花

初時雨赤子に肩を叩かれて/岸田稚

狼の群に入らばや初時雨/寺田寅彦

柳にもかへり花あり初しぐれ/羅雲

朝浄うれし夜の間の初しぐれ/正白

托鉢の衣を濡らし初時雨/西沢信生

初時雨夕飯買ひに出たりけり/一茶

初時雨榎はづるゝ日脚かな/井上井月

京へ出て目にたつ雲や初時雨/千代尼

野曝しの陶器市立ち初時雨/川口利夫

山茶花の蕾そろひぬ初時雨/山口青邨

老い父の濡れそぼち来ぬ初時雨/遷子

縁に抱く小き手炉や初時雨/野村泊月

箒目をしめらす程の初時雨/飯村周子

詩語俗語英語日本語初時雨/加藤耕子

登りゆく高雄の寺や初時雨/野村泊月

初しぐれ猿も小簑をほしげなり/芭蕉

初時雨蛙ひとつの声しかと/石川桂郎

長崎の灯の美しき初時雨/東原すや子

俳句例:41句目~

初しぐれ眉に烏帽子の雫哉/與謝蕪村

鉢たたき洛中洛外初しぐれ/角川春樹

大原女の紺が匂ふよ初時雨/富岡犀川

少年の白き襟首初しぐれ/宮本みさ子

猿もなけ虎も嘯け初しぐれ/井上井月

初時雨鬼も旅人も韋駄天に/熊谷愛子

野風ふく室町がしら初時雨/高井几董

北国のこれも好日初時雨/明石春潮子

北山の雲片寄せて初しぐれ/稲畑汀子

手土産に大き虹懸け初時雨/比田井耕

賣に来る薄塩物や初しぐれ/井上井月

初時雨からおもひ立首途哉/井上井月

街中の茅葺屋根に初しぐれ/癸生川昭

初時雨これより心定まりぬ/高浜虚子

初時雨して北山の紅葉まだ/木村蕪城

波郷土に山坂すべる初時雨/古舘曹人

ひとときの淋しさならん初時雨/汀子

蓋置の竹の青さや初しぐれ/増田龍雨

松手入終りしあとへ初時雨/吉屋信子

まだ鹿の迷ふ道なり初しぐれ/千代尼

俳句例:61句目~

旅人とわが名よばれん初しぐれ/芭蕉

埋火の灰ならしたる初時雨/清水基吉

捨猫の熱き目と逢ふ初時雨/広本俊枝

初時雨初の字を我が時雨哉/松尾芭蕉

初時雨故人の像を拝しけり/夏目漱石

愛車とは小さな個室初時雨/岡田順子

マッチの絵五十三次初時雨/河野南海

初時雨客車片側かがやけり/加藤耕子

唐崎は松に音きく初しぐれ/中村君永

鳶の羽もかいつくろひぬ初時雨/去来

十月や十日も過ぎて初時雨/正岡子規

みのむしの得たりかしこし初時雨/蕪村

ゆく道のひかり出したる初時雨/岸田稚

一本の川より三河初しぐれ/宇佐美魚目

一車なき夜の始発駅初しぐれ/宮武寒々

亡き母の御仏事の日を初時雨/中川四明

佛にも真水を汲まん初しぐれ/秋篠光広

入洛や地圖ひろげゐる初時雨/室生犀星

初しぐれ京の町屋に学者ゐて/田中裕明

初しぐれ今日菴のぬるゝほど/高井几董

俳句例:81句目~

初しぐれ松ぼつくりの青鎧/藤田あけ烏

初しぐれ猿蓑会の師を憶ふ/山田九茂茅

初しぐれ空ら鳥籠を北向きに/宮武寒々

初しぐれ竹を並べし井戸の蓋/佐藤和夫

初しぐれ自在の竹に吹かゝれ/松岡青蘿

初しぐれ藍甕の蓋しかと閉づ/富田潮児

初しぐれ野道はすぐに山の道/落合水尾

初しぐれ風もぬれずに通りけり/千代尼

初しぐれ魚山の道に猫を喚ぶ/宮武寒々

初時雨こぼせし空のいま真青/藤崎久を

初時雨その時世塵無かりけり/高浜虚子

初時雨家のまはりの藁にほふ/児玉輝代

初時雨煮鍋の音の静かなり/本下ひでを

初時雨胸処に音を残し過ぐ/柴田白葉女

初時雨釣瓶なげうつ仮ずまひ/石橋秀野

口に出てわが足いそぐ初時雨/石田波郷

吹まはす風のしまりや初時雨/立花北枝

仏彫る石飛び散つて初時雨/栗田ひろし

天蚕の織ぬんめりと初時雨/上田五千石

居坐りて仮の庵とや初しぐれ/石塚友二

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ