季語/社会鍋(しゃかいなべ)を使った俳句

「社会鍋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「社会鍋」について

【表記】社会鍋

【読み方】しゃかいなべ

【ローマ字読み】shakainabe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・慈善鍋(じぜんなべ:jizennabe)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

社会鍋を含む俳句例

三角の頂点慈善鍋を吊り/森田峠

大胆に銀一片を社会鍋/飯田蛇笏

星空へ口を大きく社会鍋/本内彰志

社会鍋人彼人を呑む銀座/指澤紀子

社会鍋銀貨の音を風攫ふ/村上絢子

空つ風埃吹き上げ慈善鍋/高野素十

社会鍋昔の古りし曲を吹く/有働亨

社会鍋横顔ばかり通るなり/岡本眸

柳まだ青さ残せり社会鍋/原田青児

社会鍋小さき善の音返す/山田弘子

東京の星の貧しき社会鍋/斎藤道子

十円の銭の音なる社会鍋/石川桂郎

赤靴の女が立てる社会鍋/鈴村寿満

社会鍋守る外套の裾長し/岸風三樓

外套の士官は乙女社会鍋/岩崎照子

夕刊を売る童とありぬ慈善鍋/篠原

慈善鍋キネマはてたる大通り/篠原

社会鍋童女にかへす礼篤し/内藤/達

人も風も足早に過ぐ社会鍋/水原春郎

人待てる影立ちかはり社会鍋/金子潮

俳句例:21句目~

社会鍋ふと軍帽を怖るる日/田中鬼骨

焼栗の香の流れたり社会鍋/吉田鴻司

爪立ちて童の喜捨や社会鍋/鈴木壽夫

生くる銭いとしみ投げつ社会鍋/林翔

社会鍋に旧師健在喇叭吹く/東野修子

似顔画く人に隣りし慈善鍋/泉谷清流

社会鍋バス光点を移すのみ/香西照雄

社会鍋ラツパ鳴らすは美少年/堀古蝶

街騒に底の明るき社会鍋/大江かずこ

電飾の木に隣りして社会鍋/岩崎照子

銅貨にも大き音たて慈善鍋/品川鈴子

社会鍋雪呼びさうな喇叭吹く/林直入

幼な子に腰低うしぬ慈善鍋/兼安昭子

社会鍋底に一掬ほどの闇/八木冷潮子

慈善鍋昼が夜となる人通り/中村汀女

慈善鍋遮断機夜の音おろす/巌谷小波

来る人に我は行く人慈善鍋/高浜虚子

慈善鍋吹かれ少年工酔へり/岸風三楼

社会鍋古き街衢の四つ辻に/吉岡禅寺洞

肩車おりて駆け寄る社会鍋/小川木久江

俳句例:41句目~

最初から重さうな鍋社会鍋/名村早智子

慈善鍋に霙れて街の往来かな/島田青峰

地下街に十字路のあり社会鍋/藤陵紫泡

慈善鍋余所目に急ぐ家路かな/清原枴童

烈風のひと葉舞ひ入る社会鍋/宮田祥子

慈善鍋士官襟章ほのももいろ/山口青邨

雪に据ゑ雪降つてゐる社会鍋/嶋田一歩

慈善鍋過ぎむ一歩がとまるなり/及川貞

地下鉄の風吹き上がり社会鍋/奈良文夫

呼びかくる声風にとび社会鍋/小畑一天

社会鍋僅かの銭をそっと入れ/塩川雄三

社会鍋の喇叭の唾を道へ振る/田川飛旅子

雉子郎の句が好きで喜捨社会鍋/亀井糸游

社会鍋人織るごとくかへりみず/清原枴童

社会鍋古きラッパにやや勇む/百合山羽公

わが友の酔へる恵みも慈善鍋/水原秋櫻子

社会鍋吹く楽の音のとぎれがち/村上辰良

不景気の風の吹き込む慈善鍋/岡本佐和子

社会鍋雨滴を溜めてゐたりけり/倉田春名

かたはらに祈りの手あり社会鍋/井沢正江

俳句例:61句目~

かばかりの喜捨に音たて社会鍋/下元和子

慈善鍋スカイサインは空駆ける/宮武寒々

社会鍋守る娘にたれもほれざりき/飯田蛇笏

社会鍋小銭なかなか見つからぬ/五十嵐みち

みかけたる三升家小勝慈善鍋/久保田万太郎

うすやみにもともきらひな社会鍋/飯田蛇笏

伊達の娘がみてとほりたる社会鍋/飯田蛇笏

デパートの灯が濃くなりぬ社会鍋/加藤高秋

吸はれゆく雪を見てをり慈善鍋/中条角次郎

かるがるとにげあしのびて社会鍋/飯田蛇笏

子の友に声かけられし慈善鍋/中野/貴美子

かはたれのトランペットや社会鍋/山本歩禅

慈善鍋なんすれぞ雪ふりいそぐ/久保田万太郎

社会鍋雄々しと見たる世も過ぎし/百合山羽公

老いたるラツパ天対き吹けり社会鍋/山田みづえ

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ