季語/小春(こはる)を使った俳句

「小春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「小春」について

【表記】小春

【読み方】こはる

【ローマ字読み】koharu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小春日(こはるび:koharubi)

・小春日和(こはるびより:koharubiyori)

・小六月(ころくがつ:korokugatsu)

・小春凪(こはるなぎ:koharunagi)

・小春空(こはるぞら:koharuzora)

季節による分類

・「こ」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

小春を含む俳句例

針事や椽の小春を追歩き/一茶

小坐敷の丁ど半分小春哉/一茶

海の音一日遠き小春かな/暁台

痩馬のあはれ灸や小六月/鬼城

爆音に石の面や小六月/齋藤玄

鋸鉋子らあやまたず小春山/原裕

英国の船に日本の小春波/上野泰

半眼の大鹿坐る小六月/井上康明

小春日の玉と交はり石鼎忌/原裕

小春日や宝物殿の白き壁/上村占

小春凪真帆も七合五勺かな/蕪村

小六月藁打つ嫗藁の中/日野草城

山国に妻子住ましめ小六月/遷子

山内にひとつ淫祠や小六月/茅舎

薬箪笥の薬匂へり小六月/松本旭

築山を巽に築き小六月/寺田寅彦

水兵の腕の刺青小六月/楠本莞爾

毛氈に寐たる心の小春かな/桃李

病る身の蒲団を替る小春哉/守明

小春日に吾子の睫毛の影頬に/梵

俳句例:21句目~

嵯峨の小春都に近き心かな/霞夫

夕立や猫の尾をふむ簀子縁/小春

鵯雀小春の光よろこべり/原石鼎

俗名と戒名睦む小春かな/中村苑子

山中湖凧のあがれる小春かな/素十

天目に小春の雲の動きかな/菊舎尼

太陽の片頬にある小六月/千原草之

小春日や波濤海辺謡の句/尾崎迷堂

逢曳や小春篁さやがせつ/小林康治

虻の影障子にとまる小春かな/也有

泥川に古足袋沈む小春哉/寺田寅彦

藍汁の底色に流れ小春川/内田百間

小春日や高階は背中合せ/玖保律子

池の水障子に映る小春哉/寺田寅彦

のび~し帰り詣や小六月/子規句集

岡の家や鶏犬遊ぶ小六月/水落露石

羽をこぼす梢の鳶や小六月/蒼きう

峡深く鳴く鶏や小春茶屋/河野静雲

縁に小春柱に残る爪の痕/寺田寅彦

島がくる帆に色強し小春灘/原石鼎

俳句例:41句目~

小春日や潮より青き蟹の甲/秋櫻子

人群がる動物園の小春哉/寺田寅彦

ああ小春我等涎し涙して/渡辺白泉

笹降つて洞然と天小六月/石橋秀野

人はみな光背捨てて小六月/斎藤玄

小春日や松の根方の肴売/西山泊雲

痩村に見ゆるや小春の凧/正岡子規

小鼠よ小春何も無き台所/渡辺水巴

鳥骨鶏兎と飼われ小六月/磯部千草

帰り帆の斜に低し小春凪/中川四明

疵ありて小春の玉の愛しけれ/間石

異邦人妻の小春と鵙の墓/角川源義

犬呼ぶに口笛かすれ小春山/原石鼎

囮して茶畑戻る小春かな/会津八一

頭みなかたぶけ小春雲うかぶ/篠原

小春日や松笠多き山の松/尾崎迷堂

橋と橋の間の道の小春哉/内田百間

小春日や爪の垢とる影法師/政二郎

牧小春一樹のもとに石仏/福田蓼汀

楽焼や小春の空を皿に刷く/瀧春一

俳句例:61句目~

森小春寒天質のわが肉体/折井眞琴

森に来れば森に人あり小六月/秋声

降る雨も小春なりけり智恩院/一茶

柴舟に山枯色や小六月/東洋城千句

松の葉に青き小春の入日かな/闌更

濱便り日々屈く小春かな/石井露月

小春鳩頸の緑金揺り内足/香西照雄

小春日の明治の艦に菊の紋/下田稔

長蕪の青首曲る小春かな/細谷不句

夕陽の流石に寒し小六月/上島鬼貫

下総に一日遊ぶ小春かな/子規句集

夕靄のなかに波音小六月/角川春樹

小春日や墓の一基に腰おろし/重信

小春よき相模の国や年の市/原石鼎

小春日や声筒抜けに嫁と妻/松本進

小春日の心遊びて部屋にあり/虚子

杉垣へ桜落葉の小春かな/尾崎迷堂

小春日や雪嶺浅間南面し/相馬遷子

撫でたくて小春の硯洗ふなり/林翔

人の泣く仏足石や小六月/根本露皎

俳句例:81句目~

あけ放す窓は上野の小春哉/正岡子規

小春日や抱きてかろき卵籠/高橋睦郎

小春日や故郷かくも美しき/相馬遷子

小春日の猫に鯰のごとき顔/飯田龍太

小春日の町を歩くや小買物/島田青峰

小春日や昔のまゝの神の庭/高濱年尾

点滴を仕事となして小六月/今泉貞鳳

烏二羽西日へかへる小春かな/原石鼎

きのこ干す寺の廂や小六月/田中冬二

海の波小春の藪を見透しに/西山泊雲

この家に生まれ小春の庭箒/藺草慶子

生垣の上より語る小春かな/夏目漱石

小春日や鸚鵡に薄き瞼ある/岩田由美

小春日の社務所草履の裏を干す/秋を

ささ栗の柴に刈らるる小春かな/鬼貫

田のへりの水に蜂鳴く小春かな/石鼎

畏みて玄海を渡る小春かな/小林康治

小春日の空家の椽に燐寸哉/内田百間

しぐれ気のなうて一日小春かな/路通

浜名湖や巽に望む小春富士/鈴木花蓑

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ