季語/袴着(はかまぎ)を使った俳句

「袴着」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「袴着」について

【表記】袴着

【読み方】はかまぎ

【ローマ字読み】hakamagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

袴着を含む俳句例

梓弓末の末子の袴着や/福田井村

袴着や將種嬉しき廣額/村上鬼城

袴着や蒲の冠者のをさな顔/瀾水

袴著や寒紅梅の花衣/岡本癖三酔

袴著や將種嬉しき廣額/村上鬼城

袴着や一坐に直る惣領子/正岡子規

袴着や銀杏吹き散る男坂/内藤鳴雪

袴著てゆかしや人の冬籠/正岡子規

袴著て手の凍えたる童哉/正岡子規

袴著や八幡宮の氏子だち/正岡子規

隣席の袴着袴こそつかす/高澤良一

袴着や吾もうからの一長者/高濱虚子

袴著や我もうからの一長者/高浜虚子

よその子の袴著に蹤く老の杖/富安風生

乳母が子の袴著て來る御慶哉/正岡子規

袴着や酒になる間の座の締り/井上井月

袴着を見上げて母の若かりき/山本薊花

袴著のすみて著替へる神の芝/大矢雪江

袴著の抱かれて乗りし島渡舟/小泉節子

袴著の教えし威儀を崩さざる/田畑照子

俳句例:21句目~

鳩も目を丸くしてみぬ袴着を/高澤良一

袴着や子福長者と吾も祝がれ/小原菁々子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ