季語/注連飾る(しめかざる)を使った俳句

「注連飾る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「注連飾る」について

【表記】注連飾る

【読み方】しめかざる

【ローマ字読み】shimekazaru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・一夜飾り(いちやかざり:ichiyakazari)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

注連飾るを含む俳句例

畑中の神のあらはや注連飾/余子

注連飾南に海ひらけたる/森澄雄

洗はれて櫓櫂細身や注連飾/林火

熔鉱炉注連飾して真赤なり/風生

故郷や臼も竃も注連飾/田中寒楼

注連飾して鯨揚ぐ大轆轤/沖一風

牛の居ぬ納屋の車に注連飾/林康子

屋島駕注連飾りして並びをり/一都

煙筒に注連飾して川蒸汽/高浜虚子

注連飾る醗酵槽の泡烈し/芦川巣洲

藪口に注連飾して藪の村/鈴木花蓑

軒吊の避難舟にも注連飾/野原春醪

仰ぎ見る大〆飾出雲さび/杉田久女

たれも通らぬ山道の注連飾/広瀬町子

三日月の繊さや風の注連飾/永井龍男

注連飾り南の海の静かな眼/川崎展宏

注連飾る墓の頭に日が平ら/猿山木魂

大銀杏雌雄別なく注連飾る/村上辰良

奥飛騨や金扇つけし注連飾/羽部洞然

女手に注連飾打つ音きこゆ/日野草城

俳句例:21句目~

溶鉱炉注連飾して真赤なり/富安風生

仰ぎ見る大注連飾出雲さび/杉田久女

浜小屋に小舟をさまり注連飾る/憲曠

老人がとる田植機の注連飾/岡部弾丸

造る船なき船台に注連飾り/鈴木鷹視

日の在る内購ひおかむ注連飾/高澤良一

注連飾の逞しき縒男の子産め/鷹羽狩行

注連飾り燭に新藁匂ひけり/佐々木春蔵

注連飾る一本の釘しかと打つ/松村明石

注連飾る古き一軒吾が生家/平野六角牛

注連飾日蔭かづらを掛けそへたり/鬼城

老杉も注連飾りして神棲める/大木健市

炭住に住み残る戸の注連飾/植田のぼる

燈台の町に住みつき注連飾/柴田白葉女

牛の瞳の中へ入りゆき注連飾る/佐野操

あまゆるは風の水光注連飾り/飯田蛇笏

一頭となりし馬小屋注連飾る/宮田/勝

舟ごとに注連飾りして堅田びと/所山花

人生は非可逆変化注連飾る/田川飛旅子

半壊のわが家へ父の注連飾/井田みさ子

俳句例:41句目~

単身の古りし官舎に注連飾る/桜田和夫

宵ひそと一夜飾りの幣裁ちぬ/富田木歩

ロープウエー起点終点注連飾る/小西領南

客室を一戸と見立て注連飾る/合田丁字路

臼に注連飾りて神の餅を搗く/梅島/婦美

炭焼きの七つ道具に注連飾る/谷本/圭司

落ちぎはの山の日のある注連飾り/福島勲

古釘にながきなじみの注連飾/能村登四郎

遠く住む子の空部屋へ注連飾る/宮田富昭

遠賀川文化の土器に注連飾る/野見山朱鳥

門に注連飾りめでたく休診す/高槻青柚子

開けることなき門なれど注連飾/鈴木道雄

鳥船のマストにむすぶ注連飾り/佐川広治

売りそこねし牛の小舎にも〆飾る/林佑子

爪立ちてかまどの神へ注連飾/今井つる女

えり挿しの舟にも小さき注連飾り/佐川広治

火止めせし窯の余熱や注連飾る/藤谷/紫映

観音様のお水屋に売る注連飾/阿部みどり女

諏訪大社たおやかに注連飾りけり/宮本永子

注連飾終へてくつろぐなにとなく/山本詩翠

俳句例:61句目~

注連飾り手っ取り早く済ませけり/高澤良一

新妻の差し上ぐる注連飾りけり/橋本自然児

注連飾りうしほ濃くなる日向かな/鷲谷七菜子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ