季語/鯉幟(こいのぼり)を使った俳句

「鯉幟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鯉幟」について

【表記】鯉幟

【読み方】こいのぼり

【ローマ字読み】koinobori

子季語・関連季語・傍題・類語など

・五月鯉(さつきごい:satsukigoi)

・吹流し(ふきながし:fukinagashi)

・吹貫(ふきぬけ:fukinuke)

・矢車(やぐるま:yaguruma)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の行事」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

鯉幟を含む俳句例

鯉幟数枚の田に風遊ぶ/原裕

下町や省線電車鯉幟/京極杞陽

鯉幟古び気安く泳ぎをり/柏禎

鯉幟黒き片目をして廻る/篠原

煙突の林の中の鯉幟/野村泊月

堤より低き家並の鯉幟/三好達治

鯉幟わが青春に戦あり/伊東宏晃

鯉幟沖を黒潮とほりゐる/中拓夫

鯉幟胸にては折れまた直る/篠原

川上のさらに川上鯉幟/辻田克巳

畳まれて眼の金環や鯉幟/有働亨

金田の水の町にて鯉幟/山口誓子

鯉幟翻るたび眼が光る/笠野千居

鯉幟槐の幹に大あほち/西山泊雲

鯉幟揚げる老人と月山/金子皆子

鯉幟弁当持つて歩きたし/藤田湘子

鯉のぼり兎に影を落しけり/大串章

鯉幟岳麓の田植始まれり/渡邊水巴

鯉幟子を制しつつ母紅潮/香西照雄

鯉幟夕ベたれけり木槿垣/飯田蛇笏

俳句例:21句目~

煙あげて塩屋は低し鯉幟/杉田久女

一太郎二太郎三太郎鯉幟/川村紫陽

万の眼を集めて千の鯉幟/寺田順子

みちのくは小家小家の鯉幟/原石鼎

不況風吐かせて畳む鯉幟/佐藤晴生

鯉幟創刊号のゲラ上がる/吉原文音

風吹けば来るや隣の鯉幟/高浜虚子

前山の翠へんぽん鯉幟/小原菁々子

力ある風出てきたり鯉幟/矢島渚男

鯉幟サイロに立てて牧広し/柊愁生

鯉のぼり布の音立て裏日本/秋沢猛

移民史の三代となり鯉幟/田口梅子

鯉幟跳ねて全身麻酔覚む/品川鈴子

家格見せ忍野の里の鯉幟/森田公司

寄らで過ぐ港々の鯉のぼり/森田峠

鯉幟麦の疾風に逆立ちて/鈴木花蓑

夕月やあぎと連ねて鯉幟/三橋鷹女

韮山や昔の町の鯉幟/長谷川零餘子

大学の中に人住み鯉幟/富田閑牛子

愛しあふごとく無風の鯉幟/矢島恵

俳句例:41句目~

鯉幟牛の分厚き泥乾く/殿村莵絲子

大空の波にのりけり鯉幟/樋口明子

喉首をぐるりの皺や鯉幟/如月真菜

頬に雨渡れぬ島の鯉のぼり/渋谷道

風といふ早瀬にいどむ鯉幟/上村占

落人の里高々と鯉のぼり/渡辺恭子

鯉幟より輝きて城ひとつ/成瀬正俊

鯉幟の尾のふれる音屋根通る/篠原

桐箱にひたたたまれて鯉幟/辻桃子

鯉幟飜るべき良夜なり/相生垣瓜人

鯉幟影は離れて田に泳ぐ/渡会昌広

鯉幟ちさき干物風が丸め/香西照雄

鯉幟をり~うつる苗代かな/野村泊月

その眼幾重なすらむ鯉幟/相生垣瓜人

だるい足組めば遠くに鯉幟/菖蒲あや

のけぞつて白き腹見す鯉幟/柴田奈美

鯉幟一気に空のものとなる/西岡正保

鯉幟仔馬に影を蹴られけり/藤野/力

鯉幟大垂りに垂れ昼餉せり/永井龍男

鯉幟大本営発表に風澄みて/渡邊水巴

俳句例:61句目~

鯉幟影は花菜を滅多打ち/田川飛旅子

鯉幟捩れて腹が尾を呑み込み/中田剛

初孫のいやいやしてる鯉幟/大村恭子

古稀翁にへんぽん赤き鯉幟/山口青邨

鯉幟立ちて菜園みづ~し/水原秋櫻子

抱きし子に鯉幟の柱を抱かしむ/篠原

鯉幟雨に力を抜かれけり/市川ふじ子

鯉幟風を胎むよ墓辺の家/田川飛旅子

塵芥に空瓶光る鯉のぼり/百合山羽公

川風に壁塗る庭の鯉のぼり/平間彌生

揚揚塔けさ鯉のぼり泳がせて/樋笠文

新しき夫婦夜景の鯉のぼり/中山純子

旅の身は電柱に倚り鯉幟/中村草田男

日本の空の長さや鯉のぼり/落合水尾

未熟児に誕生日来て鯉幟/大塚とめ子

水使う上に子の空鯉のぼり/和知喜八

泳ぎつく高さがありて鯉幟/豊田淳応

産衣干す家の大きな鯉幟/嶋田摩耶子

真上なる鯉幟まづ誘ひけり/中村汀女

社家町や樗の花に鯉のぼり/飯田蛇笏

俳句例:81句目~

聖塔の高さに迫る鯉のぼり/朝倉和江

自己主張して泳ぎだす鯉幟/金堂豊子

花嫁歩む天にふくらむ鯉幟/谷野予志

都塵濃し緑恋しと鯉幟/竹下しづの女

釈迦岳の襞かげ濃かり鯉幟/高島筍雄

風景にならうと泳ぐ鯉幟/関口比良男

風紋に鯉幟立ちこどもの日/西本一都

鯉のぼり一生の山背負ひけり/大串章

鯉のぼり目玉大きく降さるる/上村占

鯉幟きそふ緑のありてよし/後藤夜半

鯉幟たたむに腹に風のこりゐし/篠原

くらくらと下りてくるなり鯉幟/辻桃子

鯉幟村に居残る子になれよ/有馬いさお

吾子とわれ故山に立つる鯉幟/相馬遷子

よその子を交へず遊ぶ鯉幟/猪俣千代子

一村の干しものあふれ鯉幟/松田ひろむ

不足なく育てし不安鯉のぼり/毛塚静枝

俚び風吹くと脈打つ鯉のぼり/佐川広治

吾子あらば金の鯉幟を立てん/後藤綾子

呱々の声聞ゆる山家鯉のぼり/薮脇晴美

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ