季語/青嵐(あおあらし/せいらん)を使った俳句

「青嵐」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青嵐」について

【表記】青嵐

【読み方】あおあらし/せいらん

【ローマ字読み】aoarashi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

青嵐を含む俳句例

碑に一揆の大義青嵐/平瀬元

蝶を生み蝶を失ふ青嵐/篠原

其中に楠高し青嵐/正岡子規

懐しき心起りぬ青嵐/原石鼎

千年の礎を吹く青嵐/臼田亜浪

谷底に腐つ鎧や青嵐/野村喜舟

病籠り石狩ひとり青嵐/斎藤玄

農道は松虫寺へ青嵐/大木一巨

青嵐吹やずらりと植木売/一茶

山高く働く人に青嵐/茨木和生

暁や湖上を走る青嵐/石井露月

青嵐尾上の鐘を繞りけり/紅葉

本丸の櫓普請や青嵐/寺田寅彦

青嵐東山より裏返る/岩垣子鹿

考える人の頬杖青嵐/中村星児

逆らうて命感覚青嵐/池田倭文

疾走す緑の髪の青嵐/高澤晶子

青嵐一挺身差縮まらず/今井聖

青嵐龍の襖と虎の襖/川崎展宏

青嵐電車の音と家にくる/誓子

俳句例:21句目~

八甲田兜並びに青嵐/遠藤梧逸

桟橋の板の弾力青嵐/沢木欣一

梳る髪の根熱し青嵐/葭葉悦子

水甕の水満々と青嵐/渡辺初雄

青嵐電信柱老いたるよ/辻桃子

青嵐芭蕉の悪句力あり/西本一都

青嵐空海髪を捨てし山/矢野景一

狛犬の走つてゆけり青嵐/小島健

遊船に客の竝ぶや青嵐/滝井孝作

青嵐百日紅を中にして/正岡子規

青嵐白襟きつくかき合せ/つねこ

青嵐煙突の煙北へ吹く/正岡子規

命名の半紙が壁に青嵐/藺草慶子

青嵐掲揚台に何もなし/西村和子

杭の濡れ水面一寸青嵐/毛塚静枝

地球儀が地球に落下青嵐/原田暹

城山の浮み上るや青嵐/正岡子規

報道のその外側を青嵐/櫂未知子

棟二つ谷に沈みて青嵐/西山泊雲

青嵐手枕熱く目覚めたる/岡本眸

俳句例:41句目~

大仏の頭吹きけり青嵐/正岡子規

大仏の頭吹くなり青嵐/正岡子規

青嵐愛して鍋を歪ませる/辻桃子

大太鼓打てば忽ち青嵐/秋月城峰

発掘の弥生の畦や青嵐/近澤杉車

篳篥に力ありけり青嵐/満田光生

粛然と摩周を渡る青嵐/佐藤春夫

白鷺の掲諦浄土青嵐/文挟夫佐恵

水底に見ゆ踏石や青嵐/川端茅舎

夫と来し歳月を財青嵐/黒坂綾子

百畳の本堂抜ける青嵐/高橋利子

青嵐小枝と雀零れ来し/山川淳夫

青嵐大船つくる川辺哉/正岡子規

青嵐仏ヶ浦に舟繋ぐ/高田し然子

山風のいま青嵐瓦切る/宮坂静生

波踏んで我行吟す青嵐/角田竹冷

七島のひとつ火の島青嵐/長田等

行灯を虫の巡るや青あらし/一茶

岬鼻に馬の匂へる青嵐/舘岡沙緻

青嵐上野の杜も庭の内/正岡子規

俳句例:61句目~

洞雫間遠に落ちて青嵐/鈴木花蓑

眼奥を流るる砂金青嵐/重田忠雄

人の死と別の力の青嵐/津根元潮

青嵐鳩の羽ばたき手に溢れ/原裕

青嵐定まる時や苗の色/服部嵐雪

青嵐魚突く舟の傾けり/高田蝶衣

青嵐顱頂の薄毛神父様/川崎展宏

帝國を総攬したり青嵐/筑紫磐井

住吉は松の中なり青嵐/正岡子規

体育のあとの英語や青嵐/今井聖

年寄の足で一里の青嵐/加藤宵村

山へ来て絵島近し青嵐/正岡子規

青嵐十六弟子の軸鳴らす/飴山實

妻といふ翼ひらけば青嵐/大高翔

黒塗りの箸の月日に青嵐/桂信子

青嵐道迂回せる人造湖/茨木和生

後手にむすぶ角帯青嵐/松村蒼石

十万家眼下に低し青嵐/正岡子規

青嵐落しに覗く化粧坂/石川桂郎

父が呼ぶわが幼名よ青嵐/籏こと

俳句例:81句目~

一斉に飯食ふ僧や青嵐/岸本尚毅

わが影の転りぬける青嵐/伊藤翠

青嵐や遠く一会の松の幹/桂信子

障害に挑む白馬や青嵐/村田近子

人妻の手首は細し青嵐/筑紫磐井

青嵐柱に背をもたせたる/高濱虚子

島一つ見えず広野の青嵐/正岡子規

嶋山や岸噴き返へす青嵐/会津八一

うき雲や左右にわかれて青嵐/史邦

川沿ひに阿波十ヶ寺や青嵐/久保龍

青嵐樫の翠はいとけなき/石塚友二

うねうねと山脈低し青嵐/正岡子規

青嵐死にゆく人の力かな/内田美紗

青嵐沐浴となす病躯なり/斎藤空華

青嵐湖北を抜けてなほ北へ/長田等

青嵐湧く山中のささら舞/茂里正治

青嵐父を許さぬ少年期/和田耕三郎

青嵐牧の牛馬の相寄らず/田辺逸子

すぐ乾く硯の水や青嵐/田中幾久子

手術着に子の血一点青嵐/毛塚静枝

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ