季語/夏手袋(なつてぶくろ)を使った俳句

「夏手袋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「夏手袋」について

【表記】夏手袋

【読み方】なつてぶくろ

【ローマ字読み】natsutebukuro

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏手套(なつてぶくろ:natsutebukuro_)

・レース手袋(れーすてぶくろ:resutebukuro)

・網手袋(あみてぶくろ:amitebukuro)

季節による分類

・「な」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

夏手袋を含む俳句例

一日の夏手袋の汚れ易す/浜川穂仙

夏帽子夏手袋と卓の上に/椎橋清翠

彼の女夏手袋の大ボタン/高濱虚子

船を訪ふ夏手袋の女かな/山本暁鐘

鞍馬道夏手袋の白さかな/吉井幸子

墓に置く夏手袋の翔ぶかたち/石嶌岳

母に振る夏手袋の白き手を/三橋鷹女

あざやかな夏手袋の印象よ/成瀬正とし

夏手袋して個展のテープ切る/橋本對楠

夏手袋ふかくまじはる友ならず/及川貞

夏手袋純白の刻たいせつに/猪俣千代子

手の内は夏手袋に秘めしまま/木寺仙游

機土にて人立てばある夏手袋/横山白虹

濃かりしは夏手袋の縫目かな/後藤夜半

罪とは何夏手袋に聖書耀る/秋元不死男

夏手袋に透く手美し脱ぎてもか/辻井夏生

メニュー見る夏手袋を脱ぎ乍ら/島田摩耶子

夏手袋に芯となる手のしあわせか/寺田京子

夏手袋望郷のいづみ揺れやまず/柴田白葉女

スチュワーデス夏手袋の手を振れる/田中冬二

俳句例:21句目~

水テルの灯掴みて出でし夏手袋/長谷川かな女

夏手袋はづせばしぼんでしまひけり/蓬田紀枝子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ