季語/苔の花(こけのはな)を使った俳句

「苔の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苔の花」について

【表記】苔の花

【読み方】こけのはな

【ローマ字読み】kokenohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花苔(はなごけ:hanagoke)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

苔の花を含む俳句例

此奥に聖おはしぬ苔の花/暁台

蚤ひろふ猿の胡座や苔の花/蓼太

後撓ひ下る石道苔の花/石塚友二

鞘堂の鞘の日数に苔の花/深谷雄大

湖に臨む旌忠門や苔の花/野村泊月

雪汁のぬくみいそげよ苔の花/智月

香もそれも寂光院や苔の花/飴山實

水かけて明るくしたり苔の花/乙二

苔の花門に車の跡もなし/子規句集

岩角や火縄すり消す苔の花/炭太祇

御廟所の葵の紋に苔の花/和田郁子

石獣の口中苔の花ざかり/加藤憲曠

苔の花手押し車の並ぶ院/山田睦世

神燈の笠の広さに苔の花/是永/李乃

窓押せば鼻つく崖や苔の花/野村泊月

仏ともただの石とも苔の花/森本林生

墓の道わづかの苔に苔の花/相馬黄枝

苔の花尼踏み昇り踏み降り/木村草女

室生寺の塔に雨降り苔の花/細見綾子

苔の花日雇の空さだめなき/岩田昌寿

俳句例:21句目~

苔の花苔の緑にうもれ咲く/雨海青人

苔の花顔ばかり日を当て歩く/岸田稚

掃苔の花にみどりの高野槇/後藤夜半

樹々翔る燕迅し苔の花/長谷川零餘子

洛北の暮色をたたへ苔の花/長谷川双

渾沌は阿呆なるらん苔の花/永田耕衣

乙力はつばきで合ふて苔の花/加藤郁乎

山蟹の足高かにありく苔の花/吉田冬葉

苔の花々一つの罪を祝福す/八木三日女

苔の花出湯にみちびく石畳/照山とし子

祇王寺は竹の奥なる苔の花/武原はん女

花苔に吾を焚く日の空模様/佐々木六戈

花苔に神すみまさり崇徳陵/鈴鹿野風呂

苔の香や錦木の花散り溜る/織田烏不関

虚子眠る曼陀羅やぐら苔の花/鈴木英子

子の眠りもつとも深し苔の花/長谷川櫂

見ぬふりの仏もありぬ苔の花/橋石和栲

豪商の裔は住まはず苔の花/中村三千年

歳月のふはふはとあり苔の花/長篠旅平

打水に浮き出て暮れぬ苔の花/原コウ子

俳句例:41句目~

かく小さき墓にて足れり苔の花/石川桂郎

忘却の日々あるばかり苔の花/大塚千々二

花苔や取つて付けたる様の花/佐々木六戈

花苔や石の寿命の尽きざるも/堀井春一郎

煙草くさき夫につんつん苔の花/横山房子

苔の花踏むみささぎの松鳴るに/高井北杜

沙羅の花苔に降りつぐ夜ならむ/船越淑子

金閣にほろびのひかり苔の花/遠藤若狭男

苔の花踏むまじく人恋ひ居たり/中村汀女

膝ついてより苔の花つまびらか/田畑美穂女

花苔に父母おはす墓となりし/長谷川かな女

墓地の夏の朝甘い香の花苔にこぼれ/喜谷六花

苔の花に温泉煙の輪の見ゆるかな/長谷川零餘子

我上にやがて咲らん苔の花/一茶/文化十二年乙亥

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ