季語/熱砂(ねっさ)を使った俳句

「熱砂」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「熱砂」について

【表記】熱砂

【読み方】ねっさ

【ローマ字読み】nessa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・灼け砂(やけすな:yakesuna)

・砂灼くる(すなやくる:sunayakuru)

季節による分類

・「ね」で始まる夏の季語

・「夏の地理」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

熱砂を含む俳句例

黙深く戦の島の熱砂踏む/土田桃花

大西部熱砂に蝶と人の影/仙田洋子

発掘の熱砂に転ぶ泪の壺/殿村菟絲子

渚まで熱砂跳ねゆく跣かな/高澤良一

ぐすぐすと熱砂を踏めり旅の神/原裕

荒荒と熱砂に羊皮乾きけり/小池文子

熱沙ゆく無限X駱駝の脚/小檜山繁子

人骨に似たる熱砂の枯珊瑚/秋光道女

俺に似た少年兵が熱砂ゆく/五島高資

熱砂ゆく老婆の声もせずなれり/誓子

熱沙冷え星間にの目を思ふ/小檜山繁子

骨拾ふまして熱砂ののど仏/宮本みさ子

秋暑し熱砂にひたと葉つぱ草/杉田久女

熱砂さめ寮の全灯一指で点く/友岡子郷

熱砂降る飼はれて黙す亀の上/小池文子

爆音のあと死の谷の熱砂のみ/仙田洋子

鞁置く熱砂さみしく波立たせ/対馬康子

駅馬車の道は熱砂へ還りけり/仙田洋子

あげ舟の如く熱砂に駱駝伏す/中村草田男

流木や熱砂に消ゆる河なれど/鳥居おさむ

俳句例:21句目~

漁夫の葬舟を熱砂に曳き上げて/津田清子

熱砂砂塵こころ庇ふに限りあり/小池文子

玉虫の熱沙掻きつゝ交るなり/中村草田男

熱砂ゆく捨て猫と化し街に出る/対馬康子

羊の血熱砂流るるまでもなく/中戸川朝人

熱砂ゆくなほ白靴を捨てきれず/野澤節子

蛾を食みし蜥蜴熱砂に口拭ふ/佐野青陽人

踏めば鳴る離島の白き熱砂かな/橋本榮治

果てしなき熱砂に両親揃わぬ子/対馬康子

熱砂降る砂漠の薔薇と言ふは石/小池文子

ピラミッド叩けば熱砂こぼしけり/矢島渚男

熱砂ゆく老婆のこゑもせずなれり/山口誓子

熱砂行く老婆のこゑもせずなれり/山口誓子

軍配昼顔熱砂をにじりつつ咲けり/堀口星眠

ぎじぎじと熱砂は口をねばらする/長谷川素逝

ゴビ熱砂蝶きしきしと消えにけり/鍵和田釉子

壘を獲し熱砂のけむりあがりたれ/大橋櫻坡子

針/刄物/鏡/ひかがみ熱沙越ゆ/小檜山繁子

熱砂万里生きとし生けるものミクロ/金子如泉

熱砂駆け行くは恋する者ならん/三好曲「空港」

俳句例:41句目~

熱砂に漁婦泣き「日本の巡査かお前らは」/古沢太穂

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ