忌明けを使用した俳句

忌明けに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

忌明けを含む俳句例

漱石忌明暗しるく河原石/火村卓造

忌明さへ遠のく秋の袷着る/皆吉爽雨

忌明の庭にしたしむ残る雪/滝井孝作

濡れて着く忌明の供養花葵/宮武寒々

久女忌に隣る母の忌明治美し/加藤耕子

忌明けの玻璃拭ふ娘に燕来ぬ/松村蒼石

白玉に忌明の膝を揃へけり/塩谷はつ枝

草餅の草色深き忌明けかな/宇多喜代子

霞みたる山々ありし忌明かな/山本洋子

さび鮎や忌明けの酒のひと滴/能村登四郎

三月の雨降り止まぬ忌明けかな/福島利子

山鳩の鳴き初め忌明けふぬくし/堀口星眠

忌明けの五月の屋根に上るべし/攝津幸彦

忌明け後のひとりに余る髪洗ふ/中嶋秀子

煮凝の舌に溶けたる忌明けかな/木内彰志

獺祭忌明月さまとあはれけり/小原菁々子

蛍籠届きぬ子の忌明日にして/大久保白村

雛の間に忌明けの風を通しけり/川崎陽子

かりんの実なる一碧楼の忌明かな/岡本而立

ひとすぢの秋風をきく師の忌明け/嶋田麻紀

俳句例:21句目~

待春やこころの忌明けせぬままに/岩間光景

小綬鶏のみな巣立ちたる忌明かな/上村比呂子

桐の花人は忌明けと吾れに言ふ/野見山ひふみ

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました