各々を使用した俳句

各々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

各々を含む俳句例

病む人に各々野菊折り持ちて

名月や各々当座なかりけり/俵雨

転法輪各々廻し常楽会/岡本春人

各々に敬老の日の隠し芸/白石順子

名草の芽や各々の札の下/高濱虚子

庭木各々色定まりぬ冬構/西山泊雲

朝寒の人各々の職につく/高浜虚子

ちらばつて各々引ける大根かな/篠原

春惜む各々水のほとりかな/野村泊月

各々にそれ~古りし火桶かな/高浜虚子

各々の年を取りたる年賀かな/高浜虚子

めいめいに松明を持つ枯野哉/正岡子規

めいめいの身裡にたまる冬霞/宗田安正

かるた取る手の各々に華やぐ灯/島田青峰

剥き癖のめいめいにある青蜜柑/岡田史乃

梅雨明けし各々の顔をもたらしぬ/加藤楸邨

めいめいが部屋に引き取り夜の蛙/高澤良一

夜の桜めいめいに来てともに酔ひ/橋本榮治

火鉢各々に炭つぎ足して更けにけり/島田青峰

粉雪しきりや子等各々の夢がたり/加藤知世子

俳句例:21句目~

めいめいに菓子とりまはす無月かな/龍岡/普

めいめいの影の夜長のおのがじし/長谷川素逝

めいめいの部屋に引きとる夜の長し/高澤良一

鵜の団欒めいめい霧にくるまるのみ/細谷源二

タイトルとURLをコピーしました