夭折を使用した俳句

夭折に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

夭折を含む俳句例

夭折に遅れし体泳ぐなり/原雅子

夭折の弟があり赤のまま/太田土男

夭折の素描を蔵す夏木立/山本洋子

夭折も天寿も梅の花の中/有泉七種

梅青し夭折の顔それぞれに/中田剛

古き世に夭折ありき鐘の夏/和田悟朗

夏燕夭折は男のみならず/宇多喜代子

夭折といへど夕焼より赤し/櫂未知子

夭折のかほありありと草茂り/中田剛

夭折の兄妬ましき曼珠沙華/金森三猪

夭折の忌を懇ろに春の雪/山田登美子

夭折の渡る八橋かきつばた/熊谷愛子

夭折の蝶を見たるや鬱王忌/木割大雄

夭折を果たせぬ我ら燗熱し/青山茂根

夭折におくれをとりぬ雲に鳥/宗田安正

夭折に色ありとせば著莪の白/鈴木紀子

夭折のさだめと知らず入学す/秋山卓三

夭折の母の一生浮いて来い/小野口正江

夭折はすでにかなはず梨の花/福永法弘

夭折もすでに望めず穂麦立つ/馬場駿吉

俳句例:21句目~

夭折や泳ぎつく手のつめたさに/中田剛

戦死てふ夭折銀河忌と名付く/高橋次郎

樹下の葉揉む手夭折の顔つかむ/赤尾兜子

郭公のこゑの輪よ夭折の友よ/中戸川朝人

栗を剥く夭折をうべなひあうて/千代田葛彦

タイトルとURLをコピーしました