電波を使用した俳句

電波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

電波を含む俳句例

森深く烏の遊ぶ電波の日/森田智子

屋上の墓石売場を飛ぶ電波/夏石番矢

病む膝に電波チリチリ霜柱/中村記代

木犀が強き電波を浴びてゐる/攝津幸彦

根の国の電波をさがす三が日/山本千之

永遠の載りし電波がむず痒し/荻野雅彦

白雲は山をはなれて電波の日/岡澤康司

白鳥は億年前から来た電波/高野ムツオ

ブタクサに宇宙の電波飛来せり/桑原三郎

博士等は殺卵電波発明す/オオヒロノリコ

子燕の巣よりのり出す電波の日/池田秀水

布団より足先のぞく電波の日/杉田さだ子

栗畑を抜ける道あり電波の日/藤田あけ烏

汗ばむや電波暗夜をとびみだれ/和田悟朗

電波学校の跡地に雲雀舞降りぬ/楠本節子

音波電波霊波音響N氏UFO論/五島エミ

電波の日つばめ高きにひるがへり/岸風三樓

亡き師恋ふことも電波の日なりけり/館岡沙緻

見えぬもの重んずる日や電波の日/田川飛旅子

電波の日こよなき晴となりにけり/山田みづえ

俳句例:21句目~

電波の日田はひろびろと田植すむ/田川飛旅子

新緑の夜空混み合ふ電波かな/仲寒蝉「海市郵便」

宇宙よりの電波に揺るる罌粟の花/リンズィー、ドゥーグル/J

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました