機始(初)を使用した俳句

機始(初)に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

機始(初)を含む俳句例

機始縦糸を黄に草木染/近藤一鴻

縦糸の色のさざ波機始/中村房子

西陣に白糸の荷や機初/桂樟蹊子

雪嶺の上の青空機始め/澤木欣一

休む機多し今年の機初め/高本時子

天窓に何のはなびら機始/西野文代

山鴉鳴く静けさを機始/水原秋桜子

氷る湖の木霊呼びつつ機始/原柯城

泥染の糸つややかに機始/岩切貞子

神国の炉火美しき機始/波多野弘秋

端山路や曇りて聞ゆ機初/飯田蛇笏

織子杼を押し戴いて機始/宮田静江

薄雪の杉の千本機始め/鷲谷七菜子

麦扱機初雁城に並べある/二宮英子

機初や襷せぬ袖ひるがへし/高田蝶衣

機始母娘の梭のそろひけり/田村萱山

琉歌なる父母の歌垣機始め/安里青蛙

織子まだ揃はぬまゝに機始/内田梧陽

飯田紬織りわすれしも機始/西本一都

一すぢの糸にもいのち機始/下村ひろし

俳句例:21句目~

古き機ふるき燭置き機始め/水原秋桜子

張りつめし糸の白妙機始め/片山由美子

機始雪抜けて水かがやけり/阿部九十九

甲斐絹を世に絶やさじと機始/勝俣泰享

賤の女や髪結ひ栄えて機始/高橋淡路女

照り返すわだつみ窓に機始/山野邊としを

タイトルとURLをコピーしました