川流るを使用した俳句

川流るに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川流るを含む俳句例

鳰円山川の緩流に/京極杞陽

誰住て樒流るゝ鵜川哉/蕪村

木藥の流るゝ御秡川/蕪村遺稿

月光や閾は川の如流れ/上野泰

裏川や蚕流しの雨となり/刺花

山聳え川流れたり秋の風/蓼太

門並に流るゝ川や大根引/嘯山

飛鳥川に筍の皮流す春/細見綾子

川と同じ生簀の流囮鮎/右城暮石

心行く雪代川に棒流れ/成田千空

黒き川花火の夜を流れずに/静塔

初霞川は南へ流れけり/青木月斗

天の川末は草葉に流れけり/成美

割箸が川流れゆく神の旅/有働亨

箒川七夕の笹流れきし/黒田杏子

小公園片側冬の川流れ/大野林火

時鳥町を夜明の川流れ/森ゆきお

神の川流れ来りし捨蚕かな/篠原

出水川犬の屍流れけり/松本草戊

川水も流れぬさまや朧月/正岡子規

俳句例:21句目~

川流す紀州木の国梅月夜/矢島渚男

天の川大竹藪を流れ出づ/大石暁座

天の川水底黒き阿賀流る/荒井/薫

雪解川奥の院より札流す/島田高志

川流れる雪国雪に柿残す/和知喜八

天の川海の南へ流れけり/正岡子規

天上に川が流れて星涼し/丸山嵐人

涸川の流れの迷ふ大河原/宮田俊子

一桶の藍流しけり春の川/正岡子規

雛の宿夢の中にも川流れ/今瀬剛一

仰向けに冬川流れ無一物/成田千空

便追や川の流れに夜の色/伊藤淳子

山遠く川流れたる枯野哉/正岡子規

川開き近くと思ふ流れかな/星野椿

初汐の下を流るゝ角田川/正岡子規

初雪の流れて青し朝日川/正岡子規

冬川や蕪流れて暮かゝり/加舎白雄

帯ほどに川も流れて汐干かな/沾徳

草川の朝は虫の音押流す/堀口星眠

撫子やただ滾々と川流る/山口青邨

俳句例:41句目~

流木の折り重なりて旱川/谷村祐治

芥流るゝ春尽日の博多川/清原枴童

谷深み杉を流すや冬の川/夏目漱石

芋水車門川流る旧街道/中村しげ子

群青に川の流るる桜かな/野村喜舟

川二つ流れ大根洗ひをり/京極杞陽

箒川鴨横向きに流されて/高澤良一

楮くず流るる川の通し鴨/富田公子

泪のごと川が流るる祭笛/鈴木鷹夫

流燈のあと月光を川流す/大野林火

信濃川大き青田を曲流す/山口誓子

高瀬川雛の流るる防空裡/宮武寒々

春の川雲の死顔流れくる/橋本渡舟

巨燵の山流しの川や猫の恋/正岡子規

底見せて流るる川や芹の花/石塚友二

敗戦日少年に川いまも流れ/矢島渚男

斐伊川の流れゆたかに初燕/陣場直雄

春の川水が水押し流れ行く/古屋秀雄

から川のけふは流れて鷭の宿/中勘助

春の川砂に流れて海に消え/高木晴子

俳句例:61句目~

月明り砕けて川に流れけり/江上貴善

有馬川今年の落葉流れ行く/前田普羅

川狭くとぎれ流るる十二月/大貫正子

枯木山底割つて川流れゐる/菅原章風

桃咲くや笛吹川の矢の流れ/沢木欣一

一昼夜流れて目減り出水川/高澤良一

乳色の川の流るる晩夏かな/井上康明

歩を合はせ吾も冬川を流るるや/林翔

信濃川残る寒さを流しをり/坊城俊樹

充分に川は流れて桜どき/窪田せつ子

流れ木に百羽鴉や秋の川/松根東洋城

流燈に川の歳月古りにけり/石谷秀子

流燈は炭火のくらさ横手川/高澤良一

流燈や靄立ち込むる川の果/山田弘子

冬川にごみを流してもどる/尾崎放哉

溝川を牡丹供養の灰流る/木村里風子

炎天のしづまり返り川流る/右城暮石

冬川や日当る水を流し居て/尾崎迷堂

冬川や藪の青きに流れ沿ひ/尾崎迷堂

炎昼の蔵より川の流れ出づ/宮坂静生

俳句例:81句目~

初染の藍流れ込む紙屋川/岡田ふさの

爽やかに川の流れる万歩計/関千恵子

狩猟音鳥膚だちて川流る/平井さち子

王子より王子へ流れ秋の川/赤木範子

生前や生後や晩夏の川流れ/柿本多映

男女の川ひとすぢ流れ冬桜/陣場孝子

留守電に川の流れと百千鳥/永田陽子

白鳥のなほ数残り川流る/深見けん二

盆満月川を流るるものの影/佐野美智

石垣の影も流るる春の川/今井千鶴子

地下街に川の流れて虫売らる/杉本寛

石神井川乏しく流れ冬休み/村山古郷

稲架立てて夕焼暗き川流る/内藤吐天

紙ほどの川の薄氷日が流る/加藤憲曠

夏の川子の眼が流れ雲流れ/二村典子

夏の川略図の中を流れけり/金子秀子

翡翠の色に流るる冬の川/工藤はるみ

花の雨流れ流れて象の川/大峯あきら

芹の川するどく流れ地価上る/穴井太

天の川仰ぐ閑けさや生流転/石塚友二

タイトルとURLをコピーしました