曇天を使用した俳句

曇天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

曇天を含む俳句例

少年の唾曇天の蔦若葉/藤岡筑邨

曇天と古草の間屍行く/石田波郷

底光る夏の曇天煙突ども/金子兜太

曇天に三椏の花ふさぎ虫/高桑弘夫

坂くだる曇天あつと桃が咲き/中拓夫

曇天に江山ほのと氷かな/楠目橙黄子

曇天に花は溢れて空家かな/柿本多映

曇天に風募り来し落花かな/島田青峰

曇天のひくき揚羽を怖れけり/桂信子

つきとめし香ぞ曇天の椎の花/坂根と志

何で癒やす疲れ啄木忌の曇天/佐藤鬼房

初花や曇天にして澄みわたり/藺草慶子

新たなる竹に曇天すぐ来たり/和田悟朗

曇天に紛れて針を買ひわする/攝津幸彦

曇天に雪嶺しづむ野梅かな/大谷碧雲居

曇天の土に梅剪りこぼしたる/太田鴻村

曇天の山をだまきは睡き花/青柳志解樹

曇天にまぎるる桐の咲きにけり/相馬遷子

曇天に時に湧きたつ鵜なりけり/細見綾子

曇天のにはかに日差す桔梗の芽/米山源雄

俳句例:21句目~

曇天のわるい人らがくもり居り/阿部完市

ばら百花曇天の日のある限り/阿部みどり女

もう小鳥来ぬか曇天ひろがるか/夏井いつき

タンポポの黄に曇天の沼覚めし/阿部みどり女

曇天にシユールになれる薔薇であり/広井和之

タイトルとURLをコピーしました