竜神を使用した俳句

竜神に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

竜神を含む俳句例

竜神の海千山千大旦/実籾繁

龍神を祭る岩頭の霰哉/寺田寅彦

松虫や龍神村の灯は幽き/伊藤虚舟

竜神の湯への山々炭を焼く/森田峠

綿虫とぶ竜神峡の吊橋に/富永浄子

龍神の棲む水湛へ白睡蓮/大熊輝一

龍神の渓の深さや下り簗/高野清風

龍神の走れば露の玉走る/金子兜太

龍神を祭る岬や春の雷/金子せん女

たやさゞる竜神の灯や鰊漁/野本淡月

水分の躍る龍神たちあふひ/佐川広治

湖の雲に乗り来る竜神の眼/伊藤完吾

竜天に竜神の湯はつるつるに/辻桃子

近江路に竜神在す比良八荒/今泉貞鳳

雨乞の竜神棕櫚の髭もてり/江川信子

水澄むや竜神今は留守らしく/東浦佳子

神酒添へてある竜神の初秋刀/鈴木夢亭

竜神のけふ渡るなり春の海猫/角川春樹

竜神の咽び泣くかや喜雨の夜/油井和子

竜神の湯よりも奥やみちをしヘ/森田峠

俳句例:21句目~

竜神を祀る注連張り花ユッカ/宮下翠舟

藻は花をあげて竜神池なりし/山田弘子

竜神の海の使はす駄津を突く/百合山羽公

龍神を彫り起しゆく初日かな/中戸川朝人

竜神も木立にこもる大旱/大島民郎「山月」

蛍のにほひそは竜神と母のにほひ/中村草田男

タイトルとURLをコピーしました