潮曇を使用した俳句

潮曇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮曇を含む俳句例

飛干す沖失ひて潮曇/湯川雅

夏雲の俄かに昏く汐ぐもり/瀧春一

汐曇笘屋に春を惜む日ぞ/尾崎紅葉

潮曇松の根方の花火殼/文挟夫佐恵

穂の黒き砂地の麦や汐曇/正岡子規

蛤の殻の中なる潮ぐもり/丸山南石

ゆく鴨や遠つあふみは潮ぐもり/林翔

梅散るや海苔干す浜の汐曇/正岡子規

梅散るや海苔干す磯の汐曇/正岡子規

海猫帰る立待岬潮ぐもり/古賀まり子

燈台の白きが冴えて汐ぐもり/瀧春一

白露や淡路は明の潮ぐもり/藤野古白

蜩や遠流の御所の汐ぐもり/橋本榮治

蝉鳴くや音戸の瀬戸の潮曇/藤田佳子

はまなすの蕊のもつるる潮曇/橋本榮治

潮曇あはぢのさくら散やせん/松岡青蘿

夜遊びの安房は月さへ潮ぐもり/鈴木鷹夫

左千夫忌の九十九里沖潮ぐもり/内海保子

松や芽立ち明けたるまゝの汐曇/斎藤空華

潮ぐもり青田ぐもりにつづきけり/桂信子

俳句例:21句目~

舟虫の散らばる礁場潮ぐもり/中村みづ穂

わが旅路たばこの花に潮ぐもり/阿波野青畝

秋分の牛生といふ町潮ぐもり/阿部みどり女

咲きそめし樗も淡し潮ぐもり/阿部ひろし「霜の畦」

梅散るや棕梠に風ある汐ぐもり/蘇子句集/木下蘇子、吉田冬葉/松本翠影編

タイトルとURLをコピーしました