フランスパンを使用した俳句

フランスパンに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

フランスパンを含む俳句例

春一番フランスパンの長袋/塩田博久

俎始フランスパンを筒切りに/三宅文子

冬の鹿フランスパンを引き合へる/茨木和生

夏惜しむフランスパンも男根も/高野ムツオ

慇懃去った石炭町のフランスパン/伊丹公子

春着の娘フランスパンを抱いて来る/柚口満

秋茄子やフランスパンの長さなり/森早也子

郭公や朝のスープにフランスパン/菅沼義忠

フランスパンの焦の完結水澄めり/小檜山繁子

薔薇の卓午餐のフランスパンちぎる/石川文子

街うららフランスパンを横抱きに/岡田六華子

雪解の街フランスパンを横抱きに/成田智世子

ぶり返す夏風邪フランスパン乾く/長谷川喜代子

パリパリ感好きでレタスとフランスパン/高澤良一

フランスパンの空洞きよらかなりノエル/池田澄子

フランスパンばりばり割るや夏の月/ともたけりつ子

フランスパン立てて売らるる麦の秋/長谷川久々子「花香」

タイトルとURLをコピーしました