賛(讃)美歌を使用した俳句

賛(讃)美歌に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

賛(讃)美歌を含む俳句例

吊柿一連讃美歌も聞ゆ/村越化石

舞台裏からも讃美歌聖夜劇/長田等

羽根枕破れて低き讃美歌よ/攝津幸彦

讃美歌の中をひかりの草の絮/長田等

讃美歌に触れて雪虫光り出す/田湯岬

初夏の学林にならふ賛美歌/筑紫磐井

讃美歌が谷へ落ちゆく冬の光/中山純子

ホスピスに讃美歌流れ蝶の昼/三村武子

リラの雨初見讃美歌遅れつつ/斎藤節子

リラ冷の讃美歌もらす天使園/伊東宏晃

冬薔薇孤児賛美歌の他知らず/宮坂静生

讃美歌や揚羽の吻を蜜のぼる/中島斌雉

少女らの手話の讃美歌致命祭/井田/明

讃美歌や早春の雨後黒き屋根/細見綾子

春の夜の讃美歌歌ふ男女かな/正岡子規

賛美歌に雨音親し茶の花忌/久保田順子

秋雨の洞を讃美歌もて満たす/津田清子

空豆を狩り讃美歌の中をゆく/攝津幸彦

葬送の賛美歌蝿を手ではらう/井上真実

蓑虫の揺れ賛美歌の高音部/ふけとしこ

俳句例:21句目~

蜂に縞死者に讃美歌流れゆく/大坪重治

四五人の讃美歌木槿咲きそめし/藤田湘子

御詠歌に似たる讃美歌秋澄めり/西村ミツ

讃美歌のとおくに枯木だけの山/対馬康子

讃美歌のながるる月の被爆坂/松田とも子

讃美歌の余韻咳なほ堪へてをり/津田清子

讃美歌の言の葉古りしクリスマス/本井英

讃美歌の餘韻咳なほ堪へてをり/津田清子

讃美歌はすぐにうたへて息白し/岩崎照子

讃美歌は白菊のごとかなしけれ/国弘賢治

讃美歌やうしろにて桃熟れて落つ/岸田稚

讃美歌に似し松籟や青畝の忌/小路智壽子

霧さむき岨に讃美歌澱みなし/下村ひろし

賛美歌の洩るる窓辺に青胡桃/松沢満里子

讃美歌や落葉をまねて小鳥降る/平井さち子

玻璃に触る青栗讃美歌はるかより/柴田白葉女

白シャツの子が讃美歌習ふ安息日/下村ひろし

讃美歌にのり遠くなる師も夏も/鍵和田ゆう子

茶の蘂や讃美歌ではじまる母の会/平井さち子

すすきすすき讃美歌が聞こえてくる/瀬戸青天城

俳句例:41句目~

賛美歌のここにて消ゆる薔薇館/源鬼彦「北天」

讃美歌や足長くらげ掌にとろけ/三橋鷹女「羊歯地獄」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました