慟哭を使用した俳句

慟哭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

慟哭を含む俳句例

慟哭のその日を籠り梅暦/古舘曹人

慟哭の涙は描かず涅槃像/三村純也

慟哭の群像今し涅槃かな/和田悟朗

甘からむ直立猿人の慟哭は/須藤徹

雪解光慟哭の梁家を貫き/友岡子郷

寒林の奥に慟哭あるごとし/青木重行

慟哭のすべてを螢草といふ/清水径子

慟哭の疲労の祖国霊歌なし/高屋窓秋

慟哭や水中立ちの電柱や/小川双々子

涅槃図の白を余して慟哭す/相良哀楽

深山菫慟哭しつつ笑いけり/安井浩司

遠雪崩山の慟哭聞えけり/永野由美子

風に聞く雪解山河の慟哭を/相馬遷子

微笑が妻の慟哭/雪しんしん/折笠美秋

慟哭といふ炎むらあり涅槃像/古市絵未

慟哭の屏風の陰に身を寄せて/斎藤双風

晩鐘はわが慟哭に消されけり/西川徹郎

のどぼとけ動く慟哭生者灼く/平井さち子

ろんろんと滝の慟哭汽車に過ぐ/寺田京子

慟哭に似し獅子舞のかぶりかな/西村榮一

俳句例:21句目~

慟哭のよみがへり来る虚子忌かな/上野泰

涅槃図を巻き慟哭を消してゆく/松村幸一

声なき慟哭裸身ささげる手術台/加藤知世子

慟哭のあとのかなかな浄土かな/古賀まり子

炎天より慟哭不意に来る齢/倉橋羊村「渾身」

雪しんしん慟哭もなきひとり寝に/鷲谷七菜子

タイトルとURLをコピーしました