寝る/寝ぬ/寝ねを使用した俳句

寝る/寝ぬ/寝ねに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

寝る/寝ぬ/寝ねを含む俳句例

幸に柳も寝るや春の雨/吾仲

物思ふ膝の上で寝る猫/山頭火

淋しい寝る本がない/尾崎放哉

垣添や猫の寝る程草青む/一茶

縁に寝る情や梅に小豆粥/支考

秋尽きぬ寝ぬ夜の夢の躍舟/調和

齢富む一間に寝ねて餅筵/森澄雄

秋簾寝る児へ通す子守風/林昌華

名月や君かねてより寐ぬ病/太祇

霙聴き魂なき母と一夜寝ぬ/蓼汀

乞食の事いふて寝る夜の雪/李由

帰来て夜を寝ぬ音や池の鴛/太祇

寝るより枕かたむく初霰/齋藤玄

寝ぬ夜寝て榊に鶏の初音哉/淡々

わが庭に赤人寝ねよ菫満つ/林翔

山近し星低し虫の峡に寝ね/及川貞

名月や君かねてより寝ぬ病/炭太祇

寝ねがての莨一服茶立虫/福田蓼汀

母独り足向けて寝る春の山/仁平勝

夏の夜や寝ぬに目覚す蚤の牙/言水

俳句例:21句目~

甲板に寝る人多し夏の月/正岡子規

曲て寝る枕も痩て老の秋/横井也有

庵主や塞き夜を寝る頬冠/村上鬼城

とろとろと寝る烏あり十三夜/杜口

誰門ぞ雪に寐ぬ夜のの骨/高井几董

敷いて寝る百万両の宝舟/富安風生

霜の声ひとの鼾で寝ぬ夜かな/太祇

春の海と鳥と寝るならば/田中裕明

万緑や湖をたいらに男寝る/源鬼彦

望月や盆くたびれで人は寝る/路通

春深し耳あてて寝る仮枕/宮武寒々

乞食の犬抱いて寝る霜夜かな/許六

牛はまだ寝る足折らず白夕顔/静塔

木菟のたわいなく寝る時雨哉/一茶

寝る前の錠剤一つ虎落笛/錦織畔燼

軒に寝る人追ふ声や夜半の秋/蕪村

軍談に寐る人起す夜寒哉/正岡子規

盆魂と寝ねて柱の細き家/綾部仁喜

冬の夜や犬上り寝る米俵/西山泊雲

板の間にへた~寝るや蝉の声/鳳朗

俳句例:41句目~

親も子も酔へば寝る気よ卵酒/太祇

母寝ねて雪の厨に皿ひとつ/桂信子

春雨や檻に寝ねたる大狸/正岡子規

寒きとて寝る人もあり暮の秋/炭太祇

寒けれど二人寝る夜ぞ頼もしき/芭蕉

蚊帳取つて天井高く寝る夜かな/篠原

虫残る玄関近く寝るわれに/田村了咲

虫の音や火をけして寝る一重壁/巴流

夜を寝ぬ僧の念佛や榾の宿/会津八一

明家の戸に寐る犬や柳散る/正岡子規

舟に寐る遊女の足の湯婆哉/正岡子規

夏の月寝ぬ声一人二人かな/正岡子規

満潮や寝る水鳥の床かはる/正岡子規

寒月下犬片耳を立てて寝る/金子如泉

鳥曇働いて寝る日のつづく/岡田耕治

梟や白湯一杯を寝る前に/木倉フミヱ

やぶ入の寝るやひとりの親の側/炭太

首途の用意して寐る夜寒哉/正岡子規

露の夜に黍殻枕軋み寝る/百合山羽公

障子際に帯おいて寝る霜夜かな/綾子

俳句例:61句目~

竜淵へ入る頃ほひを月と寝る/伊藤格

山小屋の荒粒銀河閉めて寝る/堀内薫

山夜長寝ねし時のみ涙なく/福田蓼汀

銀河濃し枕に頬を埋め寝る/星野立子

寝ねし児に祭衣の仮だたみ/藤岡筑邨

暴君の腰痛なだめ寝る寒夜/高澤良一

一夜二夜夜を寝ぬ蚕飼盛哉/正岡子規

行く年の長江に足向けて寝る/岬雪夫

一羽来て寐る鳥ハ何梅の月/蕪村遺稿

寝ねがてに千の耳もち桜の夜/森澄雄

鉦叩けふ寝るだけの刻残す/大熊輝一

酒買ひに走るか寝るか細雪/鈴木達生

夜の梅寝ねんとすれば匂ふなり/白雄

中学生寝るも撩乱春の旅/百合山羽公

追込の鳥早く寝る日永かな/正岡子規

人寝ねて蛍飛ぶ也蚊帳の中/正岡子規

わが寝ねし暗中の壁年抜けゆく/澄雄

猪罠と畑一枚をへだて寝る/白岩三郎

大佛の足もとに寐る夜寒哉/正岡子規

虫の音の一旋律に寝ね難し/苑/清子

俳句例:81句目~

仔猫寝る弘法市の大皿に/小中はまこ

花に寝ぬこれも類か鼠の巣/松尾芭蕉

菊にほひ波郷も寝ねし雨の音/及川貞

罪深く夜を寐ぬ蝿や瓜の皮/高井几董

水洟も泪も気配して寝ぬる/皆吉爽雨

寝る前の馬に声かけ冬北斗/中谷真風

寝る前の髪に朧を感じをり/朝倉和江

立春や寝ね覆はるる酒の酔/三橋敏雄

木葉木菟旅の手足を軽く寝る/浜芳女

倒れ寝る道化師に夜の鰯雲/寺山修司

戸締もなく寝る里の報恩講/阪田姉川

寝る恩に門の雪はく乞食哉/榎本其角

すぐに寝る草の庵の宝舟/松本たかし

光氏と紫と寝る布団かな/松根東洋城

光氏と紫と寝る蒲団かな/東洋城千句

手を重ね寝る月明の白臥床/吉野義子

朝の間や蚤に寐ぬ夜の假枕/井上井月

折々は馬の尾近し寝る胡蝶/正岡子規

片足は畳に寝ねて夏の風邪/渡辺白峰

寝る頃の美しくなり寝待月/高木晴子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました