雑を使用した俳句

雑に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雑を含む俳句例

引網や渚の月に雑分つ/正岡子規

新渋や雑網綴る甥坊主/石塚友二

雪汁や一尺鮫は雑と糶る/石川桂郎

星々の軋み大原雑寝かな/小林貴子

雑売の銭こぼしけり鳥雲に/飴山實

雑釣に青河豚多し秋の凪/滝井孝作

雑散つて如月田圃澄めるかな/篠原

息自く訪うて雑寝の歌枕/萩原麦草

島の友と島時を雑寝かな/二神節子

雑寝して一人一人に鉦叩/古舘曹人

山伏の山や雑寝の明易し/中山純子

母の忌の雑寝に匂ふ花橘/郷田陸子

淡雪や手量りに売る市の雑/中西暸

本堂の裏の雑寝や蓮如の忌/蔵巨水

畑にも雑干場にも冬椿/深見けん二

から人と雑寝もすらん女かな/一茶

天高し雑を鴎に放りあげ/石田郷子

うすらひの歪む水底雑光る/田中英世

雑寝布団夢の豺狼越え歩く/高田蝶衣

雑寝堂柱ばかりに冱てにけり/広岡仁

俳句例:21句目~

雑寝して踊り疲れの百畳敷/稲垣光子

一山の雑の中なる夏の河豚/遠藤梧逸

上げ潮におさるゝ雑廬の角/杉田久女

初不動雑の佃煮売つてをり/宮田/要

踊り見て宿は雑寝の公民館/高澤良一

角巻の雑売り秋田美人かな/園部蕗郷

川狩の雑の力の籠鳴れり/米澤吾亦紅

大文字遠拝みして雑寝かな/川崎慶子

明日鬻ぐ干雑つゝむ薄暑かな/上村占

漣だつは雑の祝祭十三夜/千代田葛彦

雑のごと鰹置かるる鮪基地/櫻井菜緒

日焼けして二等船室雑寝組/高澤良一

雑を煮て一塊とせり柿若葉/長谷川櫂

砂浜に雑うちあけて月涼し/正岡子規

雑と置く赤えいの眼の憤り/皿井旭川

黒南風や雑流れゆく糶の果/鍋島貞子

鱗ちる雑場のあとや夏の月/正岡子規

籠あけて雑にまじりし鱸哉/正岡子規

雑捉へ泥煙あげし田亀かな/高見岳子

雑寝にも馴れて遍路の深眠り/内海節代

俳句例:41句目~

高張に夜市果てたる雑寝かな/松田木公

天の網まばら雑星夜半の春/安藤十歩老

島旅籠一景さむく雑を煮る/佐野まもる

撒網の雑まれなる木の葉かな/会津八一

放生会うかむもやさし阿弥陀ざこ/洞雨

煮凝りの中なる雑の確かな瞳/逆井和夫

石ころも雑と煮ゆるや春の雨/前田普羅

親も子も雑提げて来る蚊遣哉/正岡子規

雑えりへ雪のささ波返しかな/関戸靖子

雑投げて梅雨の鴉を争はす/猿橋統流子

雑撰れば飴の匂のあめんぼう/福田蓼汀

夕立や浜の肥雑いきれたつ/村山たか女

雑網を引き絞りゆく秋天下/石井とし夫

雑網を引けば氷も入りくる/石井とし夫

雑買つて入道雲に立ち向う/丸木美津子

雑釣れり鮎解禁を待ちきれず/福本修一

にしき木の立聞きもなき雑寝かな/蕪村

亡骸と雑寝一と夜のもがり笛/成田千空

戦友会酔ひて雑寝を月照らす/佐藤正治

船室に雑寝卯波の為すままに/高澤良一

俳句例:61句目~

谷暗らし著莪と雑寝の仏たち/野田信章

糶あとの雑掃きおとす朝曇/長谷川閑乙

星のいま生まれ大原雑寝かな/夏井いつき

こぼれ雑海へ還して小春なる/平井さち子

きさらぎの煌煌として雑寝かな/八田木枯

雑目高水脈つくりをり真菰の芽/水橋白岩

隣家よりとどく夜釣りの雑二匹/梶川礼子

提灯をつけて雑寝にまゐりけり/籾山柑子

雑跳ぬる網にいもりの動かざる/加藤典昭

堅く々々契りこめたる雑寝かな/野村喜舟

敷藁に雑寝してをり田の南瓜/三輪/静子

沼の雑良夜に育ちをるならむ/石井とし夫

月の夜の蔀おろして雑寝かな/河東碧梧桐

寒天杜氏百日雑寝してゐたり/安藤恵美子

雑網を打つ静かさに浮巣かな/岡本癖三酔

狸寝のわらひ出したる雑寝かな/中川四明

朝凪や糶にこぼれし雑跳ねて/徳田千鶴子

一瞬に散る雑の群れ水ぬるむ/伊阪美祢子

雑寝して父母なき里の明け易し/池田律夫

ゆく春の秤こぼれし雑ひかる/長谷川史郊

俳句例:81句目~

これをなん大原雑寐と申すなり/富浪夏風

撒餌に寄る雑の中よりたかべ釣れ/田中英子

稲架の端に雑干してある越路かな/芳賀昭子

取りし雑子づれ鷭にも少し投げ/石井とし夫

佐保川に雑跳び止まぬ薄暑かな/山口マサエ

アフリカは雑寝の雑の目玉澄む/高野ムツオ

雑寝して清十郎に遠きお夏かな/佐々木北涯

ビール飲む雑寝の床をまくしあげ/椎橋清翠

夜汽車待つ雑寝児は覚め青林檎/小檜山繁子

雑寝する身の懐かしき霖雨斎み/佐々木六戈

べつとうや道にはりつくこぼれ雑/三上冬華

妣の夜着足しはらからの喪の雑寝/羽田岳水

雑寝して身のなつかしき霖雨斎み/佐々木六戈

雑寝する海女小屋さそり居りにけり/中島達夫

雑寝たくまし対角線に毛布を折り/若林波留美

竹く雁や雑の子細流に透きとほり/石田あき子

寄つて来て鳰の見てゐる雑を選る/石井とし夫

汐まねき雑に交りゐて松過ぎぬ/長谷川かな女

あげ潮や雑もとと交るさむさかな/日夏耿之介

雑寝堂の隅を走れり嫁が君/津野美都江/『ひなげし』

タイトルとURLをコピーしました