川越を使用した俳句

川越に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川越を含む俳句例

寒夕焼母負ひ越えね渋谷川/小林康治

摘草や女の越せぬ川ありて/志田素琴

洛中や花びら川を越え来る/永方裕子

転任や春野に川を一つ越す/落合水尾

迎火の藁を貰ひに川を越す/矢島渚男

闘鶏や川飛び越えて人来る/高浜虚子

渦解きて荒瀬のり越す冬の川/前田普羅

燕や川を越えれば子の新居/大久保白村

花吹雪三途の川を越えにけり/鳥羽三郎

霞む日や網提げて越す川の幅/井上井月

鹿の音やある夜は川を越えて来る/鳥酔

まくなぎや母かばひ越す渋谷川/小林康治

光りつつ川を越えゆく柳絮かな/江木紀子

父の喪の川を越えたる朧かな/金久美智子

落花には越えられさうな川の幅/山田弘子

越えられぬ川がいくつも曼珠沙華/椿文恵

越かけて夜は天の川澄みそめむ/林原耒井

うち越してながむる川の梅雨かな/飯田蛇笏

春しぐれ野鍛冶へ川をひとつ越す/宮田正和

直感のわが影も川を跳び越せり/五十嵐研三

俳句例:21句目~

秋の川いくたび越ゆるローカル線/松澤晴美

野火の秀の川を越えむとして勢ふ/大橋敦子

梅雨明けの川を越えたるブーメラン/勝田澄子

菫咲川をとび越ス美人哉/一茶/文化十年癸酉

草矢飛べ信濃の川を越ゆるほど/福田甲子雄「師の掌」

タイトルとURLをコピーしました