博多祇園山笠を使用した俳句

博多祇園山笠に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

博多祇園山笠を含む俳句例

博多山笠男走れば街動く/鮫島康子

人よけて氷塊通す飾山笠/伊藤てい子

四ツ足を啖ひて祇園山笠へ/小川軽舟

追山笠や父なつかしき肩車/小島隆保

すれ違ふ追山笠くづれ雨脚に/古舘曹人

ふるさとの山笠立てる博多駅/下村梅子

入港の汽笛のひびく飾り山笠/長崎島星

山笠が立てば博多に暑さ来る/下村梅子

山笠の果てし通りに宵の雨/佐藤冨士夫

山笠人形眦の向きみな違ふ/鮫島春潮子

朝山笠や大きな肩の揃ひたる/津上清七

東まだ一番山笠に明けてこず/佐藤裸人

追山笠に山門あけて承天寺/小原菁々子

追山笠の人出は夜を徹しをり/稲畑汀子

初寄りの山笠の法被の強かりし/中野賢二

山笠舁いて博多人とし子の育つ/林加寸美

山笠飾るはじめの棒を横たふる/林十九楼

追山笠のすみたる暁けの鎮み能/江口竹亭

山笠立ちて博多に宵のつゞきけり/江口竹亭

山笠見るや五寸の隙に身を入れて/小西和子

俳句例:21句目~

山笠なだれのしりへ漂へる日傘かな/清原枴童

飾り山笠見し夜のあら煮旨かりし/堀之内末子

山笠の助走も見せず発進す/池田守一「自鳴鐘」

空は青海波山笠の飾りつけが終つた/吉岡禅寺洞

山笠のたそがれが人形のひとみからくる/吉岡禅寺洞

山笠を舁く脚に力が入り揃ふ/岡部六弥太「夜須野」

コバルトの空の下からきた山笠見の人たち/吉岡禅寺洞

ぬかるみのかゞやきその奥に夜の山笠がある/吉岡禅寺洞

山笠の印象をのせて揚羽が庭をとんでいつた/吉岡禅寺洞

大太鼓の音を合図に東雲の四時五十九分/走れ!山笠!/恒成美代子

タイトルとURLをコピーしました