終末を使用した俳句

終末に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

終末を含む俳句例

干鰈終末医療つばらかに/古川塔子

終末や風船に付く黒い絲/田川飛旅子

蝉の終末男湯真中噴き溢る/友岡子郷

夕焼けの終末どつと海湧けり/阿部完市

摩天楼/貝より始まる終末論/夏石番矢

終末を知るごと蟻の一途なる/黒坂綾子

小夜千鳥蝋燭の灯も終末なり/佐野まもる

終末論きみのラッパを高らかに/稲葉百穂

大航海の終末マラッカの家紋寂び/伊丹公子

木の葉木菟待つ終末を待つに似て/矢島渚男

逃げた雲追わんとする人生終末感/小林星人

終末を小出しにふるふ地震といふエネルギア過ぐ粥すこし揺り/高橋睦郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました