牛馬を使用した俳句

牛馬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

牛馬を含む俳句例

牛馬の鼻並べけり庭竃/其堂

博労が牛馬の論や榾の宿/江流

牛馬の物喰ふ音や民の春/蓼太

牛馬には師走のありて宝哉/几圭

牛馬の遊ぶ野広し春霞/正岡子規

黄落の牛馬を量る台秤/長谷川双

牛馬の尻並べけり蝿の中/正岡子規

雪の朝日張子の牛馬魂抜けて/林翔

青嵐牧の牛馬の相寄らず/田辺逸子

人の国の牛馬淋しや秋の風/飯田蛇笏

凩や牛馬は歩く度に光る/加藤知世子

断食月牛馬の面の荒びかな/鈴木伸一

牛馬のくささもなくて時雨かな/浪化

あたたかきもの牛馬のみ露葎/栗生純夫

放牧の牛馬に馴れて島の秋/鈴鹿野風呂

木枯や牛馬は歩く度に光る/加藤知世子

牛馬とて遠き眸となる芒原/長谷川秋子

闇市に牛馬の屍肉凍てにけり/日野草城

影絵めく牛馬朝日を織る蜻蛉/中村草田男

朝霧や牛馬は四肢の上に醒む/中村草田男

俳句例:21句目~

牛馬鵲はじめて渡る奴の津の沖/高柳重信

しぐれつつ陽のさす牛馬童子かな/鈴木享子

牛馬よく通る地蔵会暮れぬうち/榎本冬一郎

牛馬飼へぬ島よ夏葱ただ灼けて/秋元不死男

アルプスの果てなき大地牛馬肥ゆ/畠中じゆん

牛馬に生れずこの身が子の父鰯雲/磯貝碧蹄館

寄進者は「牛馬千疋飼」夕かなかな/中戸川朝人

タイトルとURLをコピーしました