実しやかを使用した俳句

実しやかに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

実しやかを含む俳句例

蟻の道まことしやかに曲りたる/青畝

仰角のまことしやかに威し銃/右城暮石

春愁のまことしやかな耳飾り/内野悦子

灯せばまことしやかに雛の夜/行方克巳

初午やまことしやかに供餉の/水原秋桜子

水中花まことしやかに露むすぶ/西本一都

猪のあと隣畑よりまことしやか/西山泊雲

白のまことしやかに魂ふるふ/阿波野青畝

短日やまことしやかに万年青の実/原月舟

紅茸やまことしやかに歯朶外れ/清原枴童

蔵人のまことしやかに住ひけり/後藤夜半

青鬼灯まことしやかに夢で死ぬ/寺井谷子

鬼灯はまことしやかに赤らみぬ/高浜虚子

鯰の子まことしやかな髭もてり/鈴木貞雄

鷽替の目玉のまことしやかなる/石井長子

からくりのまことしやかに時計草/行方克巳

ぜんまいのまことしやかな綿帽子/梅沢春子

夜の蝉のまことしやかに鳴きにけり/安住敦

烏の子まことしやかに黝きかな/成瀬桜桃子

薄氷やまことしやかに恋いわたり/橋石和栲

俳句例:21句目~

返り花まことしやかに落花せる/五十嵐播水

餅花のまことしやかに枝垂れたる/三村純也

喪の一族まことしやかに羽蟻の夜/山田みづえ

朝の蚊のまことしやかに大空ヘ/阿部みどり女

小さう咲いてまことしやかの小草かな/村上鬼城

タイトルとURLをコピーしました