一刻を使用した俳句

一刻に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一刻を含む俳句例

洗心の一刻を措く初硯/西岡伸実

痛み止む一刻雷の遠走る/杉本寛

花やこれ春宵一刻ふる手形/宗因

一刻の炊ぎのけむり初霜消/原石鼎

蝙蝠の一刻なりし川の上/金井綺羅

一刻を残す大年活字撰る/河村良太郎

乱世にも光る一刻冬の虹/藤井冨美子

十薬に朝の一刻日差しけり/高澤良一

夕月の一刻経ってその高み/高澤良一

夕風の一刻づつの新樹濃し/中村汀女

師との旅一刻大事の石叩/平井さち子

汗涼し一刻に鞭あつる旅/赤松ケイ子

窯火猛り一刻雨意の葱坊主/角川源義

喜雨一刻女神の像の乳ぬらす/有馬朗人

小劇場かんかん帽を抱く一刻/石田波郷

春宵一刻博多の太か月が出た/川崎展宏

春眠といふ一刻の父に欲し/深見けん二

朝寒の主婦にある一刻の閑/今井千鶴子

温め酒この一刻がすべてなり/高澤良一

花柘榴はぶり一刻にぎはひて/橋本榮治

俳句例:21句目~

虹一刻別れ近くて声かけ合ふ/奈良文夫

一刻のゆるぎだになし滝落つる/伊東宏晃

噴水や一刻まへのメーデー歌/百合山羽公

日盛りを逢ふ一刻の髪死せる/長谷川秋子

大根おろし星かがやくにあと一刻/村越化石

雨風に木の芽一刻も休まざる/阿部みどり女

汽車一刻青野より乗り青野に降る/川島彷徨子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました