川の音を使用した俳句

川の音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

川の音を含む俳句例

葛の空笛吹川の音と知る/森田峠

門川の音なく暮れて萩芒/星野椿

冬川の音なく氷る孤りの夜/小島健

うそ寒の起居の中の川の音/草間時彦

四眠いまさめし夏蚕に川の音/村岡悠

夕顔の実に汽車の音川の音/知久芳子

大文字点火を待てる川の音/阪田昭風

岩の上に冬川の音通ひをり/飯田夷桃

川の音の十灯生きる手術室/寺田京子

川の音彼岸の空に届きをり/高澤良一

星飛びしあと山の音川の音/松村多美

渓川の音も彩添へ夏座敷/森下やすえ

草川の音なく急ぐ西行忌/山田みづえ

菱の花北上川の音もなし/加藤知世子

踊着のままのねむりに川の音/渋谷道

冬の崖すでに鵜川の音いそぐ/松井利彦

古草に昨日より近き川の音/箕村菜実子

川の音おわら流しの遠ざかる/高澤良一

木曽川の音の中なり籐の椅子/長谷川櫂

白鳥の川の底より琵琶の音/西脇はま子

俳句例:21句目~

頼政忌きのふでありし川の音/関戸靖子

黄鶺鴒くまなく晴れし川の音/平野千江

川の音金水引草に触れてをり/藤田美代子

雪暗や祈りのこゑの川の音/鍵和田ゆう子

川の音ほたるさっぱり出なくなり/高澤良一

かりがねの遠音もあらむ川の音/小松原みや子

百日の旱に耐ふる川の音/廣瀬町子「夕紅葉」

タイトルとURLをコピーしました