薄目を使用した俳句

薄目に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

薄目を含む俳句例

蘭は実に秋光猫の薄目にも/麦南

浮寝鴨薄眼入日の金枯葦/桂信子

百人の薄目や春の坐禅堂/鈴木鷹夫

薄目しておしら千体仏寒き/松本進

老猫の薄眼に山河渇きけり/橋間石

陽炎や薄目の亀の子が歩む/中拓夫

鶲来る薄目を開けてをる空に/中田剛

花明り仏も鹿も薄眼して/伊丹三樹彦

針通神の薄目にすみれぐさ/高澤良一

枇杷の花日輪薄目してゐたり/神蔵器

冬鵙よ汝の贄は薄目して/大木あまり

毒茸月薄眼して見てゐたり/飯田龍太

煤籠る仏の薄目開けてをり/筒井盛久

病む母の薄眼に満ちて花万朶/桂信子

この町は薄目ばかりの蝶や/宇多喜代子

啓蟄やうつぼかづらの蓋薄目/赤松惠子

寝羅漢の薄目ひらきて寒明くる/旭蝸牛

曇りつゝ薄目映えつゝ達磨市/石田波郷

波郷より直伝の薄目して小春/鈴木鷹夫

薄目あけ人嫌ひなり炬燵猫/松本たかし

俳句例:21句目~

真冬日の地蔵薄目をあけたまま/林秀夏

薄目せる山も混りて山眠る/能村登四郎

梅雨の闇薄目明りに煙りゐる/石原八束

木曽は秋薪小屋の猫薄目して/坂本礼子

薄目して猫のすりよる置炬燵/井口朝子

クリスマス佛は薄目し給へり/相生垣瓜人

初鶏の薄目してまた鳴きにけり/石崎素秋

撃ちし鴨掴めば薄眼あけにけり/奥坂まや

眠る山薄目して蛾を生みつげり/堀口星眠

森の木兎うす目ひらくや夏帽子/佐野良太

梟のあはれは薄目うすなさけ/稲垣きくの

薄目してひそむ昼月花こぶし/赤松けい子

薄眼ならむこの波郷忌の綿虫も/鈴木鷹夫

芋植ゑて空に薄目をしたるかな/菅原鬨也

雉子鳴けり斑雪浅間は薄目して/堀口星眠

お涅槃のなほ薄目してゐたまへり/東條素香

ひなたぼこおとづれ人に薄目して/西島麥南

凍て鶴のいのちつつしむ薄目かな/和田知子

薄目してをり蒔かれたる花の種/青柳志解樹

雨のどんたく歌姫薄目うすなさけ/星野石雀

俳句例:41句目~

薄眼に見え幽界の松すこしばかり/林田紀音夫

銀杏もみじかくて薄目の仏さま/河村まさあき

白鷺も薄目して飛ぶ昼の月/伊藤政美「二十代」

薄目あけて/ごらん/あなたの納棺だよ/内山草子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました