湖波を使用した俳句

湖波に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湖波を含む俳句例

湖の波は小刻み手鞠唄/茨木和生

湖の波禽獣虫秋に入る/川崎展宏

大湖の波やゝ荒き夏料理/有馬正二

湖の波に日が跳ぶ七五三/茨木和生

湖の波琳琅と起る秋の風/内藤吐天

雉子笛に山湖の波は盲縞/北野民夫

湖波の畔にたたみて蓼涵る/飯田蛇笏

湖波の芹をはしりぬ陣屋堀/桂樟蹊子

月光に見ゆる限りの湖の波/行方克巳

水引草湖に消えたる湖の波/井上康明

湖波は家裏のしらべ蒲団干す/大東晶子

湖波を押すうみなみや西行忌/関戸靖子

湖波を眩しみて摘む野蒜かな/山田弘子

囀りや照りては見えぬ湖の波/石原八束

掻巻やざぶんざぶんと湖の波/川崎展宏

枯蘆にたゝみて消ゆる湖の波/福井圭児

汀まで来て凍て初むる湖の波/桑原寿子

湖の波寄せて音なし草紅葉/深見けん二

秋晴や鵜の島ほとり湖の波/高橋淡路女

若菜野の果やしらしら湖の波/和田祥子

俳句例:21句目~

湖波の引くなく落花とめどなく/西村和子

四尾連湖の波のこまかに春炬燵/いさ桜子

田を植うる水位同じに湖の波/行廣すみ女

秋深き吾にのみ寄する湖の波/加倉井秋を

おにやんまはべり湖波の序曲めく/湯本道生

湖の波稲架のしたびに来ては消ゆ/加藤楸邨

湖の波止田植の果てに照りゐたり/米沢吾亦紅

タイトルとURLをコピーしました