野寺を使用した俳句

野寺に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

野寺を含む俳句例

大鐘に薄乱るゝ野寺哉/寺田寅彦

大鐘に羽蟻群がる野寺哉/寺田寅彦

短夜をいそぐ野寺の木哉/正岡子規

はし近く涅槃かけたる野寺かな/附鳳

乘物を舁きこむ月の野寺哉/正岡子規

涅槃会に蟻の塔見る野寺かな/蕉雨亭

烏なく霜の野寺の明にけり/正岡子規

芭蕉青く鷄頭赤き野寺かな/正岡子規

菜の花に風こころよき野寺かな/几董

野寺あれて跡にやはゆる仏の座/貞徳

陽炎や野寺の墓の一つづゝ/正岡子規

しぐるゝや野寺四面の大根畑/藤野古白

すさましや野寺の庭の茗荷竹/正岡子規

大木のつゝじ名に立つ野寺哉/正岡子規

大木のつゝじ見による野寺哉/正岡子規

引越して野分淋しや野寺の夜/寺田寅彦

手も足も顔も野寺の紅葉かな/正岡子規

村まばら野寺の若葉見ゆる哉/正岡子規

梅と棕櫚と野寺の門の内広し/正岡子規

狐火は消えて野寺の朝しくれ/正岡子規

俳句例:21句目~

きらきらと照るや野寺の百日紅/正岡子規

なゝくさや明日は野寺の初薬師/松岡青蘿

押せば哭く人形の記憶春の枯野/寺井谷子

村人の数ほどの絵馬枯野寺/鍵和田ゆう子

菜のはなを見て来て休む野寺哉/松岡青蘿

薄暗き野寺に惚れる涅槃かな/秋元不死男

夜興引の更けて落ち合ふ野寺かな/会津八一

タイトルとURLをコピーしました