後朝/きぬぎぬを使用した俳句

後朝/きぬぎぬに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

後朝/きぬぎぬを含む俳句例

後朝のひそかに苦き蕨かな/斎藤玄

後朝や早蕨の香を交へつつ/斎藤玄

後朝や袖に飛付く稲の虫/寺田寅彦

後朝を狐となりし中納言/筑紫磐井

妹が垣根三味線草の花咲きぬ/蕪村

後朝の岐れし水を恃みけり/久保純夫

後朝や顧みすれば秋の蚊帳/尾崎迷堂

後朝や髪撫で上ぐる笹の露/寺田寅彦

水草生ふ後朝のうた昔より/藤田湘子

水草生ふ後朝のうた昔より/藤田湘子

後朝の袖にすがりしいなご哉/寺田寅彦

浄身にめざむる病後朝の東風/皆吉爽雨

蕪村なら後朝に詠む花うばら/猿田咲子

蝉と機械と鶏鳴の後朝弾む/磯貝碧蹄館

きぬぎぬに鵲尻を向けにけり/黒柳召波

きぬぎぬやかさこそかさと冬雀/辻桃子

晝のきぬぎぬ菊膾食ひちらし/塚本邦雄

きぬぎぬにとくる菖蒲の枕かな/松瀬青々

きぬぎぬの灯冷やかに松江かな/阿波野青畝

きぬぎぬの螢は小さく死にゐたり/鈴木鵬雨

俳句例:21句目~

きぬぎぬの駕籠も過ぎけりすす払/黒柳召波

きぬぎぬは月にもありて明けをしみ/千代尼

きぬぎぬのあちらにはなしほととぎす/千代尼

きぬぎぬのうれひがほある雛かな/加藤三七子

卯の花腐しきぬぎぬを知りつくしけり/加藤かけい

きぬぎぬを別れ来しかばふり返る北山の嶺にはつか雪積む/中野照子

タイトルとURLをコピーしました