墳墓を使用した俳句

墳墓に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

墳墓を含む俳句例

夏木立朝鮮人の墳墓あり/正岡子規

玉虫の数の減りたる墳墓の地/原裕

発掘の墳墓の空を子持鳥/上田孤峰

秋風や法の砦を墳墓とす/小林康治

一族の墳墓落花が鬨つくる/河野南畦

切支丹あまたの墳墓額の花/石原舟月

梯梧散る島の墳墓の石畳/深見けん二

猿茸ここを墳墓として久し/村越化石

秋天の下に浪あり墳墓あり/高浜虚子

紅茸のつむり幼き墳墓の地/飯田龍太

老杉を登る若蔦墳墓立つ/百合山羽公

霜柱この土をわが墳墓とす/加藤楸邨

デイゴ散る島の墳墓の石畳/深見けん二

累々たる夏野の堆土これ墳墓/加藤楸邨

葡萄園坂がかり来て墳墓あり/木村蕪城

赤棟蛇躍つていたる墳墓かな/金子兜太

遠き祖の墳墓のほとり耕しぬ/前田普羅

雪原のなかに川ある墳墓の地/佐川広治

古代墳墓へ産卵いそぐ女たち/岸本マチ子

夫と子の墳墓の月日松の花/阿部みどり女

俳句例:21句目~

常山木さく墳墓を見たり黍の中/石原舟月

月さやか蝦夷を墳墓の地と定め/奥田智久

寒雲やここが墳墓の地かも知れず/内藤吐天

年惜しむひとりに墳墓あたたかく/石原舟月

草木瓜にかげろふふかき墳墓かな/石原舟月

赤のまま此処を墳墓の地とせむか/吉田週歩

兄弟の並ぶ墳墓や虎が雨/下村梅子「四季選集」

タイトルとURLをコピーしました