湯宿を使用した俳句

湯宿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湯宿を含む俳句例

箒川べりの湯宿の初灯/高澤良一

人気なき湯宿の蚊遣灰白し/高澤良一

大内雛湯宿の棚の暗がりに/横山房子

旅師走湯宿は峡のどんづまり/原松子

水仙を活けて湯宿の木の厠/辻田克巳

湯宿の子客に祝はれ七五三/斎藤朗笛

湯宿皆夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

狸の親仔が来て湯宿の一夜/本橋歌子

ほととぎす湯宿は朝の火を配り/村田脩

三ケ日伊豆の湯宿に干物噛み/今泉貞鳳

時雨来て山の湯宿の早や灯る/新井セツ

湯宿ひま仏法僧の鳴く頃は/荒川あつし

湯宿みな夕影ひきぬ河鹿鳴く/高浜虚子

燕の糞掃きて湯宿の番頭さん/高澤良一

秋涼し橋おのおのに湯宿持ち/河野南畦

蜜樹山つづきし湯宿伊豆の果/和田暖泡

蟷螂の膳に罷りし湯宿かな/伊藤うらら

谷底の湯宿灯しぬほととぎす/田中冬二

鴨啼くや湯宿の縁の夕じめり/井本農一

たゞ一戸湯宿湯の香に枯れいそぐ/及川貞

俳句例:21句目~

古き湯宿ががんぼの発つ脱衣籠/高澤良一

秋もやゝ深き湯宿の吊りランプ/林原耒井

菜の花に霜くすべ焚く湯宿かな/萩原麦草

霧に明けて軽うも軌る湯宿の戸/久米正雄

はらからと久の湯宿の麦とろろ/市村千代美

ピアノの音湯宿の萩も刈られたり/桜井博道

夜を籠めて湯宿の前山もみづらん/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました