うずくまるを使用した俳句

うずくまるに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

うずくまるを含む俳句例

蹲る枯枝の鳩や春隣/風生

蹲り菌の山を分ち合ひ/新島艶女

蹲るかたちの壺や秋の暮/石嶌岳

秋の蚊の茅舎の墓に蹲る/関森勝夫

蜘蛛雲に走り寄り蹲りけり/上野泰

蹲る鳩を裸木見下ろせり/高澤良一

元日や煤の中なる蹲り/松根東洋城

蹲りゐて蜘蛛よりも母淋し/有馬籌子

世に背を向けて蹲る座禅草/山崎幸子

人黒く二重廻しの蹲り会ふ/石田波郷

枯葎記憶の母がうずくまる/長谷川秋子

薄闇に鹿うずくまる修二会冷/谿/昭哉

蝶去つてまた蹲踞る小猫かな/夏目漱石

うずくまる籠りの婆や法師蝉/鈴木しげを

大旱の砂に孔雀がうずくまる/田川飛旅子

漁具小屋の影うずくまる虎落笛/石川博司

結氷の象牙の塔にうずくまる/八木三日女

蹲るをんなに崎のつばめ去ぬ/佐野まもる

おさなくて雨粒は地にうずくまる/鎌倉佐弓

アジア産の手の多い神うずくまる/筑網敦子

俳句例:21句目~

ここにして蹲くまる碑の冬に入る/松村蒼石

びわうれる血を吐く犬がうずくまり/坪内稔典

セーター脱ぐとき淋しい獣うずくまる/山崎光子

水溜りにうずくまり父と子の顔である/住宅顕信

校の冬日にうずくまる児よ腹へるか/赤城さかえ句集

透明なかたつむりのようにうずくまり聴くいにしえの種子のひびきを/花山多佳子

タイトルとURLをコピーしました