交番を使用した俳句

交番に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

交番を含む俳句例

交番の似顔絵手配冬隣/関利治

二重橋交番脇の柳の芽/高澤良一

交番の交代時の夜寒哉/正岡子規

巣燕や交番只今巡回中/福川悠子

交番のたちまち済みし畳替/中火臣

夏足袋や交番柳青く垂れ/中村汀女

真金町交番裏のお酉さま/高澤良一

辻々の交番柳したゝりぬ/新海非風

交番に出前のとどく十三夜/三井静女

交番に幼妻住む初つばめ/高野みさお

交番の仮眠けふより蚊遣香/田崎令人

交番の踏石にとまる蝶々哉/内田百間

交番はいつもからつぽ花曇/半田陽生

交番やこゝにも一人花の酔/正岡子規

大寺を抜けて真昼の交番へ/攝津幸彦

秋の夜や交番の人動かざる/横光利一

秋出水交番所妻が独り守る/石川桂郎

腰かけ憩ふ交番うらの鞦韆に/草田男

虫の音や交番跡の三坪ほど/山田/進

交番の灯に染まりゐる火取虫/桜田和夫

俳句例:21句目~

打水をしてあり交番巡回中/松沢満里子

交番でばらの接木をしてゐるよ/川端豊子

交番のポインセチアに道を訊く/廣井良介

交番も糸瓜を垂れて子規忌来る/山内鏡二

彼岸の交番一式古りし清掃具/磯貝碧蹄館

日傘より交番の中ゆっくり見る/藤原洋子

交番の前ひまわりのあばれ咲き/延原ユキエ

交番のあやめを活けてやつてゐる/加倉井秋を

タイトルとURLをコピーしました