老耄れを使用した俳句

老耄れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老耄れを含む俳句例

老耄の長命したき蝮酒/河野静雲

老耄とうす墨にじむ蓮の花/松村蒼石

八十八夜老耄旅をこころざす/松村蒼石

生ひたちと老耄一如曼珠沙華/松村蒼石

老いぼれし鶯なくや野の小寺/正岡子規

老いぼれて菊より萱の枕よし/後藤綾子

老耄という字をひけばうそ寒し/田中法子

老耄にだれも気づかぬ夏百日/宇多喜代子

老耄のごとわがみどりはやと瓜/和知喜八

おいぼれにあらず吾こそ生御魂/草間時彦

老いぼれて人の後へに施米かな/高浜虚子

老いぼれて目も鼻もなし榾の主/村上鬼城

老いぼれてしまひぬ菖蒲酒ふくみ/草間時彦

老いぼれしくひつき犬をしぐれけり/正岡子規

老いぼれし唄はりあげぬ御万歳/阿部みどり女

老いぼれし鶯なくやきよときよとと/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました