九十を使用した俳句

九十に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

九十を含む俳句例

九十の顔かこれ初鏡/桂信子

九十の母の喜び冬桜/高木晴子

九十鉄斎九十北斎春の蠅/小澤實

世の花や百の峠も幾九十/上島鬼貫

九十の父母揃ふ屠蘇の膳/和田郁子

九十の齢をぬらす春の潮/山口青邨

九十は重たき齢負真綿/速水真一郎

九十才迎へ三年日記買ふ/井上三志

恙なく九十七歳月今宵/田中えみ子

親鸞の九十の春や猫の恋/野村喜舟

九十のそろりと息災衣被/遠山りん子

九十の母を看取りし茶立虫/中島ふき

母の日の母九十の髪容ち/沼田千恵子

赤い羽根九十才の胸にあり/石川洋子

まのあたり青葉若葉の九十翁/川崎展宏

九十の恋かや白き曼珠沙華/文挾夫佐恵

九十の我を愛して去年今年/理崎千代子

九十の端を忘れ春を待つ/阿部みどり女

九十媼ひと休みして菊手入/原田碧明子

年九十河豚を知らずと申けり/正岡子規

俳句例:21句目~

満九十歳落葉茶の花生まれ月/伊藤信吉

烏賊舟の灯が八十か九十か/八木林之介

九十になれば秋風見ゆるべし/和田耕三郎

九十のもとは海女なり砧打つ/森田かずを

寒卵すゝり九十の身ごしらへ/大久保橙青

望月に九十の面テ晒しけり/阿部みどり女

九十をいつか越えたりいつか夏/阿部みどり女

病み蚕のごと九十の母透きとおる/北原志満子

タイトルとURLをコピーしました