刺身を使用した俳句

刺身に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

刺身を含む俳句例

蒟蒻の刺身涼しき夫の忌/丹羽/雪

邯鄲や山河を藍に刺身皿/望月百代

予期せざる鱶の刺身や夏祓/長井通保

大皿の模様の透けり河豚刺身/塙きく

大輪の河豚の刺身の美しく/豊東蘇人

竹の子の刺身を喰ひに東山/角川春樹

蒟蒻の刺身ひやひや山紅葉/井桁白陶

蒟蒻の刺身もすこし梅の花/松尾芭蕉

裸で鯛の刺身を食べてをり/藤岡筑邨

父の日と言ひて虎の刺身食ふ/大坪景章

目に跳んで鹿の刺身に鹿の姿/石川桂郎

蘭一華のせし刺身や春寒き/佐野青陽人

酒すすむ氷見の寒鰤刺身かな/山口耕堂

黒鯛もつれて刺身の月見かな/瀧井孝作

ほうぼうの刺身といふは美しき/小野淳子

かのししは刺身で出たり猪の宿/茨木和生

ひとふりの刺身庖丁買ひて冬/鈴木真砂女

ふぐ刺身舌にのせれば舌と化す/出井一雨

桜並木と忌中の刺身透きとおる/西川徹郎

歯固は栄螺の刺身なりしかな/四谷たか子

俳句例:21句目~

自然薯を刺身づくりに空也の忌/吉田紫乃

花疲れ烏賊を刺身にさせて買ふ/北野民夫

さみどりの刺身こんにやく花時雨/角川春樹

まらうどよ刺身もつまも氷りたり/佐野良太

古酒にして鱚の刺身のほかなくも/石川桂郎

河豚刺身何しんみりとさすものぞ/中村汀女

こんにやくの刺身つるりと休暇果つ/山田桂三

タイトルとURLをコピーしました