神様を使用した俳句

神様に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神様を含む俳句例

ひとびとに山神様の油蝉/原田喬

大根を台に年神様の燭/影島智子

奔放な水神様の田亀かな/遠山郁好

神様も鳥も素足や枯木立/栗林千津

蟷螂やいぼ神様の腹具合/二村典子

かまくらに水神様と稚文字/黒丸白雨

仏さま神さま島の善根宿/相原左義長

八百万神様のごと囀れり/阿波野青畝

てふてふや今神様の鞠ついて/小杉余子

やせわらびばかり山神様の前/阿部子峡

修奈羅峠のお金の神様肩まで雪/小澤實

夜神楽の篠に拾はる蚕神さま/佐野美智

姑ありて年神様の灯の消えず/影島智子

慾深大明神といふ神様の秋祭/柏木白雨

明解な神様ばかりがおどろけり/梶真久

着膨れの田の神様へ藁燃やし/紺/良造

織ぞめや機神様へ窓あけて/松根東洋城

膝出して年神様にかしこまる/影島智子

長生きして神様次の駅はどこ/内田南草

凧揚げる神さま用事ありますか/山本純子

俳句例:21句目~

底紅夜半神様のようにねむりぬ/阿部完市

神様がしわくちやになつて鶏頭/南村健治

拾つてくれる神様はいず天の川/佐藤静峰子

ビルから人間も神様もこぼれている/鹿又夏実

神様の楽書として自分を全うしよう/海藤抱壺

病めばいろいろな神様に/言い寄られる/瓜生島清

まんず田の神/氏神様だべな/花嫁手をひかれ/杉山青磁

タイトルとURLをコピーしました