岩根を使用した俳句

岩根に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

岩根を含む俳句例

冬山や木の根岩根の願狐/篠原

磐根や一高放歌冴返る/齋藤玄

遅桜修験の道は岩根道/津田清子

さつき咲く庭や岩根の黴ながら/太祇

万代をたのむ岩根のはこべかな/荷兮

幼くて岩根を照らす栃黄葉/堀口星眠

柳鮠岩根の太くかげりたる/高安郁子

極楽の島つ岩根の初日の出/坪内逍遥

籾を磨る中庭固し岩根とも/久米正雄

藪雨の岩根に鳴けり立石寺/山下喜子

きこゆるは雨の巌根の果の虫/松村蒼石

ハブ捕りの嗅ぎ移りゆく岩根かな/篠原

戸隠の岩根こごしく秋晴れぬ/佐藤春夫

石楠を折り敷き憩ふ巌根かな/野村泊月

いたはらるゝ齢か野分の巌根みち/及川貞

寒江に尚沈むものは巌根かな/東洋城千句

瀬を分けし岩根若鮎遊ばしむ/高橋たかえ

照もみぢ且散る巌根みづきけり/西島麥南

照紅葉且つ散る岩根みづきけり/西島麦南

蝌蚪生れて姨捨岩根ゆるびたる/坂巻純子

俳句例:21句目~

土用波巌根を過ぐるそのうねり/佐野青陽人

息継ぎし岩根に揺るるやまうつぎ/田中澄枝

根の国をくだるこごしき岩根凍み/宮津昭彦

聖母立つ巌根かがよふ夜光虫/山野邊としを

身を伏せて岩根づたひや河鹿とり/楠目橙黄子

とくとくと岩根くり抜き冬水の聲新し/橋本夢道

いさぎよう鮎わき上る岩根かな/蝶夢「東遊紀行」

タイトルとURLをコピーしました