燦々を使用した俳句

燦々に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

燦々を含む俳句例

燦々と日裏日表風若葉/原コウ子

燦々と菊泰衡の首一つ/宮慶一郎

心太燦々と灯を掬ひをり/村上光子

燦々と光りを抱き初雀/長谷川秋子

燦々と台風一過カレー煮よ/松澤昭

芋嵐子ら燦々と登校拒否/栗林千津

露燦々胸に手組めり祈るごと/波郷

大胡桃垂れ太陽は燦々と/小川背泳子

桃吹くや燦々と貧しかりし日/渋谷道

歌劇観て来て夜長星燦々/上田日差子

池替の声燦々と嶺に流れ/福田甲子雄

燦々と人も戦げり蘆の秋/金箱戈止夫

ずわい蟹いま燦々と切られをり/飴山實

メーデーやあぐる拳に日燦々/南光翠峰

尿しぶく日の燦々と麦穂だつ/西島麥南

影燦々べら釣りの気ままなる/森田緑郎

燦々と日照雨は過ぐる種浸し/斎藤夏風

燦々と燃して寒土を明るくす/細谷源二

燦々と老皇后の米こぼす/たむらちせい

逃げ水のごと燦々と胃が痛む/佐藤鬼房

俳句例:21句目~

野良の鳶燦々と年送りをり/百合山羽公

燦々とただしき繭をなしにけり/平井照敏

燦々とステンドガラス彌撒始/阿波野青畝

燦々と愛してゐるかきんぽうげ/平井照敏

露燦々釈迦出山の道照りぬ/とよなが水木

あかつきの山燦々とよもぎの香/福田甲子雄

初日燦々死に価して生きたかり/磯貝碧蹄館

冬日燦々さよならを終のー語とす/赤城さかえ

タイトルとURLをコピーしました