駅舎を使用した俳句

駅舎に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駅舎を含む俳句例

廃線の駅舎を覆ふ栗の花/足立悦子

廃線の駅舎鈴蘭群生す/吉松ひろを

日溜の駅舎が辻の馬の影/攝津幸彦

海近き駅舎丸ごと虎落笛/窪田虹女

海風に風鈴揃ひ鳴る駅舎/茂里正治

秋分の木造駅舎の日章旗/高澤良一

転勤の駅舎にひとり花曇/金山敦観

単線の古びし駅舎布団干す/添野光子

大雪の予報無人の駅舎にも/小島左京

山麓の駅舎灯りて去年今年/内池珠美

岡山や駅舎の前の桃も実に/小泉節子

新巻の目玉を宿す駅舎かな/杉野一博

雪國や駅舎の棟に鳩よおやすみ/林桂

鶏頭花美濃赤坂の駅舎古り/清水雅子

夜濯ぎの物しろじろと駅舎裏/大村道子

巣作りのつばめ駅舎に泥落す/堀川草芳

旅人の多き駅舎や雪もよひ/下山八恵美

極月の風吹き抜ける駅舎かな/友田芙美

水鶏鳴く沼面に映る駅舎の灯/鈴木由江

駅舎ありされど無人や月見草/平田冬霞

俳句例:21句目~

駅舎より大き機関車山笑ふ/廣田みさ江

鶴の声ひとつふたつや駅舎の灯/東玉泉

吹き抜けの駅舎つばめの宙返り/渡部玲子

伊吹残雪旧き駅舎の釣ランプ/鍵和田ゆう子

老はみな居眠る駅舎の枕んだ平和/伊丹公子

駅舎白鳥ついに握手は言い出せず/対馬康子

駅舎裏炭団ころがり出でてあり/波多野爽波

古い駅舎の古いアメリカ木椅子のジャズ/伊丹公子

タイトルとURLをコピーしました